佳子さま 学習院大学中退の理由は「目標」を見失ったからか

NEWSポストセブン / 2014年9月18日 16時0分

 紀子さまの48才の誕生日となる9月11日、宮内庁は突如、次女・佳子さま(19才)が学習院大学文学部教育学科を8月31日付で中退されていたことと、来春、国際基督教大学(ICU)など、他大学を受験されることを発表した。昨年4月、佳子さまが入学されたのは学習院大学文学部教育学科だった。

「教育学科は佳子さまのご入学のタイミングに新設された学科で、まさに“佳子さまのために作られたような学科”です。実際、入学する数年前から佳子さまは“教育学科があれば進学してもいいかな”といった希望を口にされていたそうですから」(別の学習院関係者)

 にもかかわらずの中退。いったい何があったのだろうか。教育学科があるのは北一号館。音楽室や調理室など、特殊な教室もあることから、この建物で一日のほとんどを過ごす。

「他の学科の場合、講義によっては、別の建物に移動することも多くて、他学科の学生との交流もあります。でも教育学科は、そういう機会がほぼなくて、教育学科の学生だけで固まりがちなんです。狭い世界で学校生活を送ることになるため、閉塞感を持つ学生も少なくありません」(前出・学習院関係者)

 佳子さまも、そんな学生のおひとりだったのかもしれない。また佳子さまは“目標”を失われていたという声もある。

「教育学科は小学校の教員資格を取るための学科です。もちろん佳子さまも教員資格を取ることは可能ですが、現実的に考えて、皇族の佳子さまが将来、教師になられることは難しい。そのため、周りのご友人たちとご自分との温度差を日に日に感じられるようになったようです」(秋篠宮家関係者)

 また高校時代、文化祭で同級生らとともにダンスグループを結成され、ステージに立たれたこともある佳子さまは、大学入学前からダンスサークルへの入会を望まれ、楽しみにされていた。実際、ご入学当初、新宿・歌舞伎町旧コマ劇場近くの大衆居酒屋で行われたチアリーダー部の新歓コンパに参加される姿が報じられたこともあった。しかし、佳子さまがサークルに入られることはなかった。それは母・紀子さまのご意向だった。

 2011年10月、長女・眞子さまのプライベート写真が流出したことが原因だった。それは2010年12月、眞子さまが所属されていたICUのスキー部が合宿に行った際に撮影されたもので、眞子さまがイケメン学生にもたれかかる2ショットや、当時、未成年だった眞子さまが、飲みかけのビール瓶や缶酎ハイなどが置かれたテーブルの前でポーズを取られているという写真で、大きな波紋を呼んだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング