沢尻エリカ『ファースト・クラス』続編で囁かれた共演NG女優

NEWSポストセブン / 2014年9月19日 7時0分

 10月の番組改編で民放各局が力を入れているのが「ドラマ」だ。昨年、最終回で驚異の「視聴率40%超え」を記録した『半沢直樹』(TBS系)や、大ヒットしたNHK朝ドラ『花子とアン』を見ればわかるように、一発当たればその爆発力や話題性はバラエティや情報番組の比ではない。

 成功のカギを握るのがキャスティングだ。人気俳優・女優を多く起用すればそれだけ高視聴率が見込めるが、それは簡単なことではない。同時にキャスティングしてはならない「共演NG」の組み合わせが数多く存在するからだ。今回の改編でも各局は頭を悩ませた。フジテレビ社員が苦笑いする。

「ヒロインが彼女だからキャスティングには苦戦したようですよ」

 今秋10月にスタートする局の目玉『ファースト・クラス』のことである。春(4~6月)に沢尻エリカ(28)主演で話題となったドラマの続編だ。女性ファッション誌編集部で権力を誇示しようとする「マウンティング女子」の姿を描き、土曜深夜ながら2ケタ視聴率を記録し、「マウンティング」は流行語にもなった。

 注目度が高い作品だけに、オファーを受けた女優たちも快諾するはず……と思いきや、そうならないのはやはり主演女優のアクの強さゆえ。前出・フジ社員がいう。

「前作からキャストを一新したのですが、かつてトラブルメーカーとして名を馳せた沢尻さんが主役だけあって“共演NG”が多いんです。プロデューサーたちは、それを頭に叩き込んだ上でキャスティングしなければならなかった。

 たとえば竹内結子さん(34)なんて絶対ムリ。オファーするだけで“お前はこの業界の人間か?”と呆れられてしまう。竹内さんは沢尻さんの前所属事務所の先輩で、『別に……』事件の映画『クローズド・ノート』のヒロインだった。いわばあの騒動の一番の被害者です。

 竹内さんと沢尻さんは、かつては姉妹のように仲が良かったのに、あれ以来微妙な関係になってしまっているというのが業界の定説です。常盤貴子さん(42)や北川景子さん(28)など竹内さんと同じ事務所の他の女優さんのブッキングも念のため避けています」

※週刊ポスト2014年10月3日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング