勝谷誠彦氏 ぬるま湯体質の阪神を変えられるのは掛布監督だ

NEWSポストセブン / 2014年9月24日 16時0分

 首位・巨人に何度も肉薄した阪神だが、9月に入って急失速。兵庫県出身で阪神ファンの勝谷誠彦氏(ジャーナリスト)が掛布雅之監督待望論を語る。

 * * *
 今年の大きな間違いの1つは、巨人に肉薄した時点で球団社長が和田(豊)監督の続投を口にしたこと。あそこからすべてダメになった。「続投条件は優勝」ぐらいの厳しいことをいうて、ケツを叩かな。

 阪神のヌルさは今に始まったことやない。他の球団はBクラスになればクビを覚悟するもんだが、阪神は最下位でもネタになる。だから他球団に行けば大活躍できそうな選手が、阪神でダメになっていく。責任はフロントにありますよ。ファンを舐めるのもいい加減にしろといいたい。

 フロントがこれだと誰が監督でも同じやろね。ただ掛布さんなら別かも。以前、番組で話をしたが、彼は明確なビジョンを持っていた。

 阪神も掛布さんや田淵(幸一)さんといった、ONに匹敵する名前で勝負できる監督に任せてみたらどうかと思う。これでダメでもファンは納得するよ。

※週刊ポスト2014年10月3日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング