佳子さま中退で「皇族の学習院離れに危機感」と学習院関係者

NEWSポストセブン / 2014年9月24日 16時0分

 秋篠宮家の次女、佳子内親王(19)が昨年4月に入学した学習院大学を8月末に中退していたことが明らかになった。他大学を受験するための退学で、受験先は姉の眞子内親王が通った国際基督教大学(ICU)が有力視されている。

 そこで落胆しているのが“逃げられた”形の学習院関係者だ。

「佳子さまが大学選びに当たって、教育に関わる勉強をしたいと希望されていたので、学習院は入学に合わせて教育学科を新設したほど。

 今年は佳子さま人気で受験者数が急増したが、来年はかなり減るのではないか。昨春、悠仁さまがお茶の水附属小学校に進学したことも合わせて、皇室の学習院離れに危機感を持っています」

 佳子内親王の退学によって、就学年齢の皇族で学習院に通うのは東宮家の愛子内親王ひとりとなった。宮内省の外局として誕生し、「皇族教育の学校」とも呼ばれた学習院はこれからどうなるのか。

※週刊ポスト2014年10月3日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング