5.7歳老けて見える髪ダメージ 負担少ないケア剤選びが重要

NEWSポストセブン / 2014年9月23日 16時0分

写真

髪のダメージは“見た目年齢”に影響する

 秋らしさが感じられるようになり、服装やメイク・髪型なども、季節を意識した変化を楽しみたい時期。日々のケアに加え、こうした季節ごとのアレンジは女性にとって、ちょっとしたワクワク感をもたらすもののひとつだ。多くのメディアが今年の秋のトレンドスタイルを発信する中、オリジナルのエイジングケア商品を展開するアンファーが、特設WEBサイト「白髪染めダメージゼロ委員会」を公開。そのスタートにあたり、「女性の髪」に関する意識・実態調査を行った。

 同調査は20~40代の一般男性200名、自宅で「白髪染め」を使用した経験のある30~50代女性300名を対象に実施。「女性の髪の状態を見て、ある程度の年齢が把握できると思いますか?」という質問に、約7割の66%が「できると思う」と回答。実際に3名の女性の後ろ姿について、「白髪染めによるダメージが大きい状態」「小さい状態」の2パターンの写真を見て年齢を予想する項目では、「ダメージが大きい状態」が平均して「5.7歳」老けて見えるという結果になった。

 また、「髪の傷みの原因」として挙げられたのは、「紫外線」92%、「ドライヤー」89%、「白髪染め」85%の3つがいずれも高く、特に女性だけの回答では、93%が「白髪染め」を髪のダメージの原因になると回答している。なお同調査での「白髪染め」の使いはじめや使用頻度の結果は、平均「38歳」から年に「7.6回」で、仮に80歳まで白髪染めをし続けた場合、300回以上「ダメージの原因」と思っていることをする計算。

 見た目年齢を若くするために行う白髪染めが、「髪ダメージ」という“老けて見せてしまう”要素を抱えていることは、多くの女性にとってかなり悩ましいポイントだろう。メイクや服装に気を使っても、白浮きや生え際の白髪が伸びてきているのを見ると、おしゃれのテンションも下がってしまう。

 そうした女性に向けて、同調査を行ったアンファーでは今年8月に、『スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメント』を発売。長年の頭皮研究を行ってきた「スカルプD」ブランドの特徴を活かした、髪と頭皮に優しい半永久染毛剤の白髪染めだという。また特設WEBサイト「白髪染めダメージゼロ委員会」では同調査結果に加え、美魔女として人気の山田佳子さんをはじめとする「美魔女3名のヘアケア法」など、いつまでも美髪でいたい女性のための情報を掲載中だ。

 また、同特設サイトの「Doctor’s advice!!」担当の国際アンチエイジング医学会(WOSAAM)専門医で、NPO法人アンチエイジングネットワーク顧問などを務める、AACクリニック銀座院長・浜中聡子先生はこうアドバイスする。

「エイジングケアとして、肌やボディに気を遣う女性は多いかと思いますが、いつまでも若々しい見た目を保つためには、『ヘアケア』も忘れてはいけません。

 あまり知られていませんが、白髪染めには、 『永久染毛剤』『半永久染毛剤』『一時染毛剤』と、大きく3つの種類があります。しっかり染まるのは『永久染毛剤』ですが、髪や頭皮への負担が少ないのは『半永久染毛剤』。用途や目的に合わせ、それぞれの種類を上手に使い分けましょう。ちなみに、白髪染めのように短いサイクルで何度も繰り返し使い続ける場合には、なるべく髪や頭皮に負担の少ない製品を選ぶと良いでしょう」

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング