仲間に大江も 30代女性がアラフィフ男に惹かれるケース多い

NEWSポストセブン / 2014年9月29日 7時0分

 朝ドラで存在感を見せつけた仲間由紀恵(34)が俳優の田中哲司(48)と、そして経済番組で人気を誇るテレビ東京の大江麻理子アナ(35)がマネックス証券の松本大社長(50)と結婚した。
 
 自覚していない人がほとんどだが、実は30代女性がアラフィフ男性に惹かれるケースは非常に多い。恋人・夫婦仲相談所の二松まゆみ代表が語る。
 
「バリバリ働いてキャリアを積んできた女性たちは、30代半ばになると疲れてふと立ち止まる。その時、同世代の男性には頼ることも甘えることもできないけれど、包容力のあるアラフィフ男性なら優しく自分を包んでくれる。肉体面でも、30代の男性は20代の若い女性と比べがちですが、50代男性なら“若い”といってとても大切に扱ってくれる。彼女たちが求めているのは、まさにアラフィフ男性なんです」
 
 30代女性の目には、アラフィフ男性の「バブル世代」ならではの振る舞いが新鮮に映る。
 
「“誕生日のお祝いをさせてくれる?”といって、夜景の見える洒落たレストランで、年齢の数のバラの花束をプレゼントしてくれた取引先の49歳の男性。そんなの初めての経験で、同世代の彼氏には絶対に真似できません」(33・金融関係)
 
「食事に誘われて入ったのは、行ったこともない銀座の高級寿司店。51歳の彼は戸惑っている私を『まず、これから食べるといいよ』『この店はこれが旨いんだ』などと上手にリードしてくれました。次回は裏道の小洒落た小料理屋と、食事を繰り返すうちに彼にどんどん惹かれていって……」(36・看護師)
 
「同じ店で一緒になった50歳前後の男性は、『こっちで一緒に乾杯しよう』といってシャンパンをボトルで注文。オジサンはカッコイイなぁと心底感動しました」(32・アパレル)
 
 もちろん、ほとんどのアラフィフ男性にとって、こうしたシチュエーションはたまの贅沢であり、めったに使えない。しかし、いざという時の“切り札”を持っているかいないかだけでも恋愛では大きな武器になる。東京家族ラボ代表の池内ひろ美氏がいう。
 
「若い頃に遊んだ経験も含めて、生きるうえでの学びを積み上げてきたアラフィフ男性はモテます。とくに30代女性から見ると、同年代の男性に比べて彼らは魅力的な大人の男なんです。

 彼らはバブルを経験しているので、美味しくて雰囲気のいいリーズナブルな店をたくさん知っている。若い世代だと無理して場違いな高いお店を予約したり、安い居酒屋だったりですが、アラフィフは彼らとは違う遊びの経験値を持っているんです」
 
 マネックス証券の松本社長も酒好き・カラオケ好きで有名で、遊びをよく知っていると評判だ。

※週刊ポスト2014年10月10日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング