TBS『爆報!』が高視聴率 制作サイドの交渉力を評価する声も

NEWSポストセブン / 2014年10月3日 16時0分

 10月に番組スタートから4年目に突入する『爆報!THEフライデー』(TBS系)。9月限りでTBSを退社する田中みな実アナに代わり、10月からは吉田明世アナがアシスタントを務める。『爆報』開始前は、TBSの金曜19時台は1年ほどで終了する番組が続き、視聴率で苦しんでいた。TBS関係者が語る。

「『爆報』のヒットは局全体にとって、大きいですよ。金曜は『爆報』から始まって、『ぴったんこカンカン』『中居正広の金曜日のスマたちへ』と2ケタ視聴率が続く良い流れが出来上がっています。22時台のドラマが良いときは、23時からの『A-Studio』まで2ケタが連続することもある。TBSのゴールデン帯で、こんなに数字が良いのは、金曜だけです」

 同番組の第1回ではスペシャルMCを務める田原俊彦にスポットを当て、いわゆる“ビッグ発言”の生まれた1994年の長女誕生記者会見のノーカット版を放送した。騒動当時は“ビッグ発言”ばかりがひとり歩きしていたが、会見全体を振り返ると、実際はフランクに話しており、ギャグの一部と受け取れる内容だった。この放送は大反響を呼び、視聴率12.2%と好発進した。

「さまざまなオファーがあっても、簡単には受けない田原の首を縦に振らせたことが凄い。バラエティは苦手と自身も語っているのに、司会を任せ、17年も前のビッグ発言を特集。普通では思いつきすらしない発想。プロデューサーの手腕は評価できると思います」(同前)

 その後、『爆報』はいわゆるバラエティ色の強い回もあり、内容が固定しなかった。だが、ターゲットを40代、50代以上に絞り、1970年代や1980年代に活躍したスターの近況を伝える『あの人は今』路線にシフトすると、視聴率は毎週のように2ケタを記録し始めた。

「今年6月20日には番組史上最高の15.6%をマークし、TBSでも有数の高視聴率番組となりました。ただ、7~8月は一時期、数字が落ち込みました。番組内容として、壮絶な闘病生活などを毎週のようにメインに持ってくるため、視聴者が重く感じ始めたのかもしれません」(同前)

 7月18日は<美白美容家・佐伯チズ 真っ黒な過去…親に捨てられ指切断…夫が急死…自殺未遂…号泣>で視聴率9.3%、8月1日は<小野ヤスシ壮絶がん死 残された年下妻…号泣 親友加藤茶との約束><女優安奈淳うつ病告白>で8.4%、8月15日<芸能史の謎…松尾和子 自殺か事故死か…長男覚醒剤逮捕…借金7億 今夜死の真相が解禁>で9.6%と視聴率1ケタも珍しくなかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング