ヨン様 オプチンデトプチダの呪縛で巨額訴訟、億単位被害等

NEWSポストセブン / 2014年10月5日 7時0分

 微笑みがトレードマークだったペ・ヨンジュンことヨン様だが、ビジネスの失敗、かわいがっていた弟分のスキャンダルによる大損害、契約で揉め巨額訴訟…。

 今年に入ってから、ヨン様は、これでもかというほど不幸続きだ。まず4月、ヨン様は、同じ事務所に所属する弟分のキム・ヒョンジュン(28才)と、お互い恋人を連れて、済州島でダブルデートしていたのだが、その最中に、目と鼻の先の珍島でセウォル号の沈没事故が起きてしまったのだ。

「国中が喪に服すほどの衝撃的な事故でしたので、ヨン様たちも旅行を途中でキャンセルし、急遽、ソウルに帰ることになりました」(韓国の芸能関係者)

 5月には、自身がプロデュースし、東京・白金を中心に4店舗出店していた高級韓国料理店『ゴシレ』が経営難で日本から撤退することに…。

 さらに8月、弟分・ヒョンジュンが恋人への暴行容疑で告訴される。彼は暴行を認めて謝罪文を発表し、ワールドツアーも中止になったが、これはヨン様にも大きな痛手となった。

「この時、事務所株が暴落して、16億円近い損失を出したんですが、それによって、事務所の大株主のヨン様も億単位の損害を被ったんです」(前出・韓国芸能関係者)

 そして9月、自身が関与する食品メーカーがらみで10億円訴訟が勃発…。

「まさに“オプチンデトプチダ”(泣きっ面に蜂)状態です。今年のヨン様は、何をやってもうまくいきません…」(前出・韓国芸能関係者)

 そして今、この訴訟によって、ヨン様の結婚にまで暗雲が立ちこめているのだという。

 彼のフィアンセであるク・ソヒさん(27才)は、韓国を代表する財閥『LGグループ』の令嬢で、まだ芸能人の地位が低い韓国では、ふたりの結婚は“格差婚”や“逆玉”とまでいわれていた。

「特に、ソヒさんの一族に代表されるような、歴史ある有名財閥の人間のなかには、いまだに芸能人を下に見ている人は多いんです。そんななかで、巨額訴訟まで起きてしまったんですから…。

 親族のなかでは、“あんな人間と結婚するなんて、一族の地位と名誉に泥を塗る気か!”と、結婚に反対する声が噴出しているそうです。人一倍外聞を気にするセレブ一族だけに、新郎の訴訟沙汰などもってのほか、というわけです」(別の韓国芸能関係者)

※女性セブン2014年10月16日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング