姑が3才の孫を勝手にワカメちゃんカットにして、嫁泣き崩れる

NEWSポストセブン / 2014年10月10日 16時0分

 孫ほどかわいいものはないというが、そのかわいがり方が度を越すと、迷惑になってしまうことも。神奈川県の工務店勤務Kさん(63才)が、奥様の非常識な孫への愛情を暴露する。

 * * *
 妻(61才)は、3才の孫娘のことになると、常識も何もない。孫がやって来るとなったら、無農薬で産直で、旬のものを取り寄せまくり。1食いくらかかっているって、聞くのも恐ろしいほど。

 それだけで終わるなら、たぶん嫁だって大喜びさ。ブランド物の洋服を何着もプレゼントするのも大歓迎だと思う。

 ところが妻は嫁の目の前で孫が着ている洋服をサッサと脱がせて、「安物のお洋服は脱ぎ脱ぎして、ちゃんとしたお洋服を着ましょうね」って言うんだぜ。

「悪気はないのよ」なんて話、通るかって。それで、食事の時は「汚しちゃダメ! そのお洋服は○万円なんだから」って金切り声。

 でも最悪だったのは、先日、嫁が美容院に行くので孫を預かったときだな。出がけに嫁が「七五三の着付けの予約もしてきます」と言ったもんだから、妻のスイッチが入っちゃった。

 なんと「ばあばがかわいくしてあげますよ~」って、孫の髪にざっくりとはさみを入れて「ワカメちゃんカット」に。

 見たとたんだよ。嫁は「七五三で、髪の毛、アップにしようと伸ばしていたのに」って泣き崩れちゃった。

 あれ以来、息子一家はぷっつり来なくなって、妻は嫁の悪口三昧。オレは余計な気をつかわず、ホッとしているよ。

※女性セブン2014年10月23・30日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング