朴政権の反日映画 日本憎しより国民の自尊心満足させる狙い

NEWSポストセブン / 2014年11月26日 16時0分

 中国では、終戦70年の節目を迎える来年、数多くの「抗日映画」の公開が予定されているが、韓国も中国に劣らず準備している。

 その名も『独島512』。512年とは、韓国が竹島(韓国名:独島)を固有の領土と考える根拠(※注)となる数字だ。詳しいあらすじは公開されていないが、竹島を巡る社会ドラマということは間違いなさそうだ。

【(※注)韓国政府は、<古来、独島は于山国という国の領土に含まれている。名を于山島といった。512年、新羅は于山国を併合。その時から公式文書に、独島という名前が登場する>と主張する。しかし、韓国の古地図に記されている于山島の位置は、現在の竹島と逆にあり、于山島は竹島ではなかったことが昨今の
日本の研究によって明らかとなっている】

 キャスト陣も豪華だ。KBS大河ドラマの金字塔とされる『不滅の李舜臣』(2004~2005)のプロデューサーであるジョン・ヨンチョル氏が総監督を務め、ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』などへの出演で韓流ファンにはお馴染みの演技派俳優、イム・ヒョンシク氏が出演する。

 特筆すべきは35億ウォン(約3億5000万円)とされる制作資金が市民団体の募金活動で集められていることである。既に公式HPには、イム・ヒョンシク氏が次のように語る動画が公開されている。

「国民の皆さん、私たちの独島を武力で食い荒らす者たちは、埃みたいにさっさと海に掃き落として、独島を守ろうではありませんか」

 極めて政治的なコメントである。韓国映画関係者がいう。

「映画は、日本の“右傾化”に伴って企画されたそうです。独島をめぐる作品は、テレビドラマではありましたが、映画界が直接、このテーマを扱うのは初めてでしょう」

 政治度合いということなら、こちらも負けてはいない。2015年公開予定の『鬼郷』は、現在も日本政府に謝罪を要求し続ける実在の「慰安婦」被害者、カン・イルチュン氏の体験が題材となっている。

 物語は少女がある日突然、中国満州の慰安所に連れられて日本軍の慰安婦になるところから始まる。泥酔した日本兵将校に暴行を受けたり、病気などで衰弱した少女たちを日本兵が並べ、まとめて殺害したり、映画での日本軍の描かれ方は、悪辣極まりない。

 宣伝用の動画では他の「慰安婦」被害者たちが登場し、

「証拠(自分たち)が生きているのに、(日本政府は)どうして証拠がないと言えるのか」

「自分が生きている間に、日本側から『悪いことをしたと思う』とか『過去のことは忘れて、一緒に平和を築きましょう』という台詞を聞いてみたいというのが本音です」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング