鶴久政治 恒例のメンバー誕生日のお祝いツイートに異変発生

NEWSポストセブン / 2014年11月15日 16時0分

 チェッカーズが解散してから20年。今でも、「再結成してほしいバンド」というアンケートでは、上位に名を連ねるなど、その人気が衰えることはない。最近では、サイドボーカルの鶴久政治のテレビ出演が増加していることも話題となっている。

 当時、チェッカーズの解散に反対していたという鶴久は、今でもメンバーの誕生日になると、ツイッターで祝福のメッセージを送るのが通例となっている。

〈リーダー享氏の誕生日!…何かとめでたい日!〉〈フミヤ氏52才!〉〈尚ちゃんが49だって…相変わらずの酒豪かな…彼の作曲とサックスのplay、フレーズは天才的だった!〉〈チェッカーズのBG大土井裕二氏51歳のお誕生日! クロベエとのリズムは最強です!〉〈奴も50か…〉(※2004年に夭折したドラム・徳永善也のこと)などとつぶやいている。

 そこに「異変」が見られるようになったのは、今年の9月9日からだ。あるファンが話す。

「その日は高杢(禎彦)さんの誕生日だったのですが、まーさん(※鶴久の愛称)は特に言及しませんでした。毎回、メンバーの誕生日か前日には必ずお祝いコメントをつぶやくのですが……」

 確認すると、2013年の9月9日には、〈9月9日はチェッカーズのベースボーカルタカモク氏の誕生日!…51か…フミヤ氏、享氏、に続いてだね!…皆、健康が一番だよ!〉とつぶやいていた。

「最近、まーさんも忙しくなっているので、つぶやくのを忘れたのかもしれません。チェッカーズ時代、特に後期、高杢さんとまーさんは仲良かったし、解散してからもよく一緒に仕事をしていましたからね」(前出・ファン)

 そして11月2日は、ベース・大土井裕二の誕生日だったが、これまたお祝いコメントはなかった。前出のファンはこう分析する。

「レコーディングも佳境に入っているようなので、神経を集中させたいのでしょう。アーティストはそういう習性があります。実際、最近は以前に比べると、つぶやきも減っています。お祝いコメントをしなくなったのは単なる偶然。鶴久さんのなかで、チェッカーズ愛は不変だと思いますよ」

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング