リストラ40代男 新たな人生の決意としてタトゥーに興味抱く

NEWSポストセブン / 2014年11月22日 7時0分

 自分の人生を新たに歩み出すために、決意に表れとしてタトゥーを入れる人もいるという。宮城県に住む女性・Kさん(52才)の夫(46才)も、そんな1人。タトゥーに興味を持った中年男性の行く末は?

 * * *
 長年勤めた会社をあっさりとリストラされた夫。しばらく落ち込んでいたけど、ある日「よしっ、やるか!」って。

 やっと前向きに再就職先を探すのかと思ったら、「オレ、タトゥー入れるわ」だとさ。

「なんのために? 再就職に不利になるんじゃないの? 温泉に入れなくなるよ」と、全力で止めたわよ。

 けど、聞かないの。「いやいや。新しい人生を始めるための決意を体に残したいんだ。心配するな」と言って。

「わかった。でも、腕だの足だのに入れたら離婚だよ」と言ったまま、放置すること1週間。

 何を言うかと思えば、「耳の裏側と足の裏と、どっちがいいと思う? オレ的にはお尻の割れ目がいいかなと思ったんだけど痛そう。やっぱり髪の毛の中かな?」ときた。

「ネットで調べたら、ワンポイントで5000円から1万円」って、タトゥーだか、シミだかわからない大きさの話よ。

 ついに「あんたさ。つまんない話してないで、職探ししろぃ!」と、机叩いてキレたわよ。「タトゥーは、初めから入れる気なくて、気を引きたかっただけで…」って、こらっ、泣くな!

※女性セブン2014年11月27日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング