残念な「ブスまつ毛」最新事情 新種に「ムカデまつ毛」など

NEWSポストセブン / 2014年11月17日 16時0分

写真

まつ毛メイクでかわいくなるつもりが逆効果に陥るケースも

 この秋冬はアイメイクへの注目度が再び高まっているだけでなく、ナチュラルよりもしっかりメイクがトレンド。強めのアイラインや盛りまつ毛など、華やかなアイメイクを楽しむ女性が増えてきている。そうした中、オリジナルのエイジングケア商品を展開するアンファーが11月11日の「美しいまつ毛の日」に、まつ毛に関する情報をまとめたWebサイト『#まつ育アカデミー』を公開。そのスタートにあたり、「女性のまつ毛メイク」に関する意識・実態調査を行った。

 同調査は20~30代の有職者男女500名を対象に実施。目を引くポイントとしては、女性をかわいくするはずの「まつ毛メイク」をやりすぎてしまい、結果的に“ブスまつ毛”状態に……に関する項目。まず「残念な“ブスまつ毛”状態の女性を見たことがありますか?」の質問に、男性は約3人に1人の36%、女性は約7割の68%が「見たことある」と回答しており、さまざまなタイプの“ブスまつ毛”を紹介している。

 具体的な“ブスまつ毛”例としては、つけすぎたマスカラがダマになる、定番の「ひじきまつ毛」。また、まつ毛エクステといった新たな手法が影響したものとしては、エクステのメンテナンス不足でスカスカ状態になった「貧乏まつ毛」。同じくエクステのメンテナンス不足やつけまつ毛がくっつき、まつ毛の向きがバラバラになった様子が虫のように見える「ムカデまつ毛」など、ネーミングも衝撃的な“新種のブスまつ毛”が並ぶ。

 こうした“ブスまつ毛”目撃談として「まつ毛エクステの量が多過ぎて、目元がクドい印象の女性がいる」(28歳・女性)、「職場の後輩と遊園地に行った時、絶叫マシンに乗るたびに、まつ毛がどんどんズレて怖かった」(36歳・女性)というコメントもある一方で、女性を対象にした「自分が“ブスまつ毛”状態になっているのを自覚したことはありますか?」の質問には、71%が「ある」と回答。

 他人の“ブスまつ毛”メイクを見て「うわ~。酷いなアレ」と思いながらも、「まつげエクステが中心から抜けてしまい、しばらく左右だけ長いという残念すぎる状態を耐えることに……」(30歳女性)、「泣いた時につけまつ毛が丸ごと取れて、隣にいた男の子がかなりびっくりしていた」(23歳・女性)など、自分自身が“やっちまった……”経験している人が、かなり多いのだ。

 そんな「“ブスまつ毛”の原因は何だと思いますか?」との質問に、「不十分なまつ毛ケア」と回答した人が46%。前出の“ブスまつ毛”目撃談のひとつとして、「手入れできないのであれば、そのままのまつ毛のほうがキレイだと思ってしまう」(27歳・男性)といった意見もあり、地まつ毛のケアや意識もしっかり持つ必要がありそうだ。まつ毛美溶液を開発しているアンファーの研究員・中本万里子さんは、こうアドバイスする。

「“ブスまつ毛”状態は、『見た目』もさることながら、まつ毛への負担も大きいもの。特に、誤ったビューラーの使い方や、つけまつ毛の雑な取扱い、まつ毛エクステの継続的な利用などは、地まつ毛に大きなダメージを与えることが多いと言えます。とはいえ、女性であれば、まつ毛のおしゃれを常に楽しんでいたいもの。

 マスカラやつけまつ毛を落とす時には、専用のリムーバーで負担をかけないようにする、ビューラーのゴムはこまめに付け替える、まつ毛美容液で地まつ毛そのものを元気にするなど、日常的なケアを心がけましょう。まつ毛は頭髪よりヘアサイクルが短いので、しっかりとケアしていれば、効果が現れやすい部分です。クリスマス・年末年始など、イベントの多いこれからの時期、しっかりケアしてスキのないまつ毛を目指しましょう」

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング