職場の机上に置いたフィギュアに撤去命令 従う必要はあるか

NEWSポストセブン / 2014年11月21日 7時0分

 かつては“一部の好事家のもの”との認識が強かったものの、今ではクールジャパンの担い手として注目を集めるのがフィギュアだ。近年ではオフィスにフィギュアやプラモデルなどを持ち込み、自分のデスクに飾っているサラリーマンも少なからず存在するが、上司に机の上のフィギュアを撤去しろと命令された場合、従わねばならないのだろうか? 弁護士の竹下正己氏が、こうした相談に対し回答する。

【相談】
 医療機器メーカーに勤めています。私の仕事机には小さなフィギュアが数体置かれていて、勤務中にそれらを見ていると、気持ちが安らぎ仕事がはかどります。しかし、上司は撤去を命じています。誰にも迷惑はかけていませんし、上司の命令には納得できません。それでも従わなければいけませんか。

【回答】
 そもそも職場に私物を持ち込めるかが問題です。会社の就業規則などを確認して下さい。服務規律として職場への入場にあたり、日常携行品以外の職場持ち込みを禁じたり、上司の許可制にしている例も少なくありません。

 職場への私物持ち込み制限は、職場の安全、機密保持、会社資産との混同防止等の観点から不合理ではありません。そのような規制があれば、フィギュアの持ち込みは、上司の許可が無くてはできないでしょう。とくに持ち込みを認められていない以上、撤去すべきです。

 次に、こうした制限がない場合、職場の秩序を維持し、快適な環境を整えることは常に必要であり、上司は部下に対して、こうした環境の整頓と維持を求める権限を有しています。

 そこで、仕事や職場での日常に必要でもないのに、仕事の邪魔になるような私物については、撤去を命じることができます。例えば、業務に不要な大量の私物で机の周りが占拠されたような場合などであれば、明らかにそういえます。

 あなたの場合、小さなフィギュアで、物理的には仕事の妨げにはならないでしょう。趣味のフィギュアであれば、業務時間中にそれを見て、ほっと一息つけ、仕事の能率も上がるかもしれません。

 しかし、逆に気を抜いていると思われる可能性もあります。上司は職場の他の従業員の士気への影響も考える必要があります。フィギュアの効果が業務にとってプラスという判断もあれば、マイナスの判断もあり得ますが、その判断を一次的にするのは上司です。

 納得できないと思いますが、もともとあなたには、職務遂行に必要な場合以外、私物を置く権利はないということを忘れてはいけません。フィギュアの効用を理解してもらえないのであれば、上司の指示違反による処分も心配です。私は撤去したほうがよいと思います。

【弁護士プロフィール】
◆竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2014年11月28日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング