猪瀬直樹氏が苦労を共にした夫婦の歴史や5000万円問題語る本

NEWSポストセブン / 2014年11月21日 16時1分

【書籍紹介】『さようならと言ってなかった わが愛 わが罪』猪瀬直樹/マガジンハウス/1300円+税

 都知事として五輪招致のプレゼンのためサンクトペテルブルクへ向かう目前、著者は妻の体調異変に気づき検査入院をさせた。すると〈あったとしても軽い脳梗塞ぐらいだろう、と思っていたので不意をくらった〉。診断結果は余命数か月──。

 都知事としての職務をこなしながら看病していた日々や、彼女との運命的な出会い、苦労をともにした夫婦の歴史などが切々と綴られる。都知事辞任の原因となった5000万円問題についても言及。

※週刊ポスト2014年11月28日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング