和田毅と岩隈久志のあだ名「バーゲン男」「催眠術師」の理由

NEWSポストセブン / 2014年11月18日 16時0分

 今年の野球シーズンが終わったが、日本各地でプロ野球からの選抜メンバー「侍ジャパン」とメジャーリーグからの選手が参加するMLBオールスターチームが対戦中だ。日米野球でMLB代表として来日した2人には妙なニックネームがある。

 和田毅はカブスに移った今年、ようやくメジャーリーガーの仲間入りを果たして、来季1年400万ドル、プラス200万ドルの出来高契約をものにした。最初はマイナー契約だったことから、カブスファンから「バーゲン男」と称賛されている。

 対するマリナーズ・岩隈久志のニックネームは「催眠術師」。低めの制球はメジャーでもトップクラス。打たせて取るピッチングは健在で、自在に決める四隅のストライクゾーンは「クマゾーン」とも呼ばれている。

「今季は開幕前の故障の影響で5月から投げたが、15勝を挙げメジャーでの自己最高をマークした。フル出場なら20勝も可能な計算でしたから、来季のさらなる飛躍は間違いないでしょう」(MLB研究家の福島良一氏)

※週刊ポスト2014年11月28日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング