ダルと交際宣言した山本聖子 華麗なる「格闘一家」の現状は

NEWSポストセブン / 2014年11月19日 7時0分

写真

2001年世界選手権で優勝した山本聖子(右)

 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有が、自身のツイッターで元レスリング選手の山本聖子と交際宣言し、日本中を驚かせている。山本聖子といえば、父はミュンヘン五輪出場の郁栄氏、かつて美少女レスラーとしてアイドル的な人気があった美憂を姉に、格闘家である山本KID徳郁を兄にもつ格闘一族の末っ子だ。山本家の面々は、最近はどんな活躍をしているのか。

 ダルビッシュの交際宣言の相手である山本聖子は、2004年の女子レスリングアテネ五輪代表を吉田沙保里と争った選手だった。高校3年生で初めて世界女王になって以来、4度の世界一を経験している。結婚と出産ののち、ロンドン五輪を目指して現役復帰したものの五輪出場を果たせずにいたが、いまも明確な引退宣言をしないままだ。昨年から米国代表の専任コーチになったため、事実上の現役引退とみられている。

 昨年夏から長男を連れ、米国のナショナルトレーニングセンターがあるコロラド州で暮らしている。別居婚になっていたハンドボール選手の永島英明とは、9月に離婚を発表した。

「日本と米国で離ればなれになるから心配していたんですけど、帰国時には親子で夫の所属チームの応援に行ったり上手に続いているなと思っていたんですけどね。激しい恋愛をするイメージが強いお姉ちゃんとお兄ちゃんと違って、堅実な末っ子という印象だったんですけど。やっぱり、一緒に暮らさないと難しかったのかなあ」(スポーツ団体関係者)

 最近は、ハンガリーへ留学中の長男(18歳)とともにテレビ出演することが増えた姉の美憂は、かつてはアイドル的な人気選手だった。17歳で女子レスリングの世界女王になるとカメラのCMに起用され、美少女ぶりから写真集が発売されたほどだ。21歳で浦和レッズ(当時)の池田伸康と結婚し引退するが、結婚生活は4年でピリオドが打たれた。離婚とほぼ同じタイミングで現役復帰するも、翌年に再び引退している。

 二度目の引退直後は、格闘家のエンセン井上と再婚した。総合格闘技ブームを迎えていたこともあり、新進の格闘家と「アイドルレスラー」山本美憂の結婚は大きな注目を浴びた。二人の結婚は、弟の徳郁が総合格闘家へ転身する際に大きな影響を与えている。2004年アテネ五輪に女子レスリングが正式種目として採用されたのにあわせて再び現役復帰し、五輪を目指すも果たせずに終わった。そして二度目の離婚を経験する。

 その後、2006年トリノ五輪会場を訪れる姿を目撃された美憂は、同じ年の夏にアルペンスキー選手の佐々木明と再々婚した。もうすぐ8歳になる二男、その2歳下の長女は佐々木との間にもうけた子どもだ。ところが、2012年のロンドン五輪を目指して三回目の現役復帰と同時期に佐々木との離婚を明らかにした。このとき、二男と長女とともに拠点をカナダへ移している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング