奥田英朗新作 20代後半の平凡な女による手に汗握る犯罪小説

NEWSポストセブン / 2014年11月26日 7時0分

【話題の著者に  訊きました!】
『ナオミとカナコ』/奥田英朗さん/幻冬舎/1836円

 百貨店の外商部に勤務する直美と、専業主婦の加奈子は大学時代からの大親友。加奈子が夫・達郎から激しいDVを受けていると知った時、直美の中で、達郎を排除する“クリアランス・プラン”が生まれる。達郎と瓜二つの中国人、認知症を患う高齢女性との出会いを経て、それは確かな完全犯罪になったはずだったが――。

「ぼくは映画から小説のヒントを得ることが多いんです。今回は『太陽がいっぱい』『テルマ&ルイーズ』『ミッドナイト・エクスプレス』みたいな、ハラハラドキドキ、次、どうなるんだと思うものを書きたくて」(奥田さん・以下「」内同)

 作者の言葉どおり、手に汗握る展開が最後まで続く。直美と加奈子。20代後半の平凡な女が犯罪に引き寄せられ、追われる立場になる。

「何年か前に、女性整体師が親友と一緒に、自分の旦那を殺した事件がありましたよね。女の友情ってこういうことをしてしまえるんだと興味深かった。男同士ではそうはいかない。女の人は社会的に弱いせいか、追いつめられやすく、人を殺す動機も男とは違ってくるのかもしれない」

 小説は2部構成。第1部の主役の直美は独身で、百貨店の外商部員という設定だ。顧客への献身ぶりや、高額商品を並べた商談会の様子がリアルに描かれる。

――奥田さんも外商で買い物を?

「いやいや(笑い)。しないですし、特に取材もしてないけど、コピーライターだった時デパートの仕事もしていたので、だいたいの様子はわかっています」

 商談会で高価な時計を盗んだ中国人女性を追いかけるうち、そのしたたかさに驚き、魅かれた直美は彼女と親しくなっていく。

――中国人の友達が(いる)?

「いないです(笑い)。昔、これもコピーライター時代、仕事をしたことはありますけど。ミスしても絶対謝らず、最後はこちらが根負けするんだけど、そんなに嫌な気はしなかった。この人たちは、日本人がふだん悩んでるようなことで絶対くよくよしないんだろうな、って」

 変わり始めた直美は、DV(家庭内暴力)で苦しむ親友の加奈子の手を引くように、彼女の夫を「排除する」計画を立て実行に移す。直美の母もまた、夫の暴力を受けていた。

 第2部の主役は加奈子に代わる。声も上げられない被害者だった彼女が、次第にたくましく、行動力を身につけていく。そこに新たな登場人物が現れ、行く手に立ちふさがる。2人は別の人生をつかめるのか。

 第1部で描いた完全犯罪を、作者みずから突き崩していく。着地点を決めず、2人と同年代の編集者らの感想も聞きながら登場人物を動かしていった。

「ストーリーの分岐点に来たら、わざと困難なほうを選んで、どうするか考えます。男の都合、作者の都合は絶対入れない、と思って書きました。人を殺すって大変なことだけど、いろんなことが重なって、一線をぽーんと超えてしまうところもまた、人間にはあるんじゃないかな」

(取材・文/佐久間文子)

※女性セブン2014年12月4日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング