武田鉄矢インタビュー 「高倉健さんと俺の黄色いハンカチ」

NEWSポストセブン / 2014年11月23日 7時0分

『週刊ポスト』誌上の映画史・時代劇研究家の春日太一氏による連載「役者は言葉でできている」では現在、武田鉄矢氏(65)のインタビューを掲載中だ。武田氏は1977年公開の映画『幸福の黄色いハンカチ』(山田洋次監督)で故・高倉健さんと共演した際のエピソードを数多く明かしている。ここでは、武田氏が語った連載本編に未掲載のエピソードを特別公開する。

 * * *
『幸福の黄色いハンカチ』の撮影はストーリー展開の通りに順撮りで進められましたから、劇中で出会う場面で本当に健さんと初めてお会いしたんですよ。恐ろしくて、膝がしらが震えました。あの高倉健ですからね。当時は40代半ばの男盛りでカッコいいのなんの。

 健さんに向かって僕が「オジサン、(カメラの)シャッター押して」と言うセリフがあるんですが、その時は山田洋次監督に「なんで映画スターに対するような声のかけかたするんだ! 相手は普通のオジサンだ!」と怒鳴られました。

 そんな感じで最初は硬かったんです。でも、健さんが気を遣ってくれましてね。

 忘れられないのは、ある日の撮影終わりのことです。山田組って、ロケ先では全員そろって晩ご飯をとるんです。俳優は健さん、僕、桃井かおりの三人が並んで座っている。で、その日、僕が食べようとしたら健さんが突っついてくる。フと見たら、箸袋を小さく丸めて渡してくるんです。「見つからないように広げろ」という仕草で。それを開くと「お腹いっぱいに食べるな。外に食べにいくぞ。桃井に渡せ」と書いてありました。
 
 それで、三人で食べたフリだけして、部屋に戻って着替えて玄関に行くと、もう健さんが車のエンジンをいれていて、「乗れ」と。

 健さんが闇の中を車で飛ばしていくと峠の丸太小屋があって、そこはステーキハウスでした。店も他のお客さんはすべて断わって、我々の三人だけ。「食いたいだけ食え」と健さんが言うものだから、肉食って、ワインをガバガバ飲んで。健さんから可愛がってもらっているのが嬉しくて、もう子供みたいなもんですよ。

 そしたら健さん、「鉄矢はいいよな、監督に可愛がってもらって」と言うんです。「そんなことはないですよ。俺をいじめてるんです。俺を憎くて呼んだんだ」とか悪口を言っていたら、実は健さん、小さなテープレコーダーでそれを録音していましてね。翌朝会ったら、「これは昨日のテープだ」ってスイッチを入れるんです。その時はひたすら謝りました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング