国仲涼子と結婚の向井理 結婚発表まで交際を隠し続けた理由

NEWSポストセブン / 2014年11月27日 16時0分

《今日は会社休みます。。。》
《アカンこれ、死者が出るよ》
《ちょっと私、呼吸困難です》

 その日の朝、ツイッター上では、女性たちによるこんな阿鼻叫喚のつぶやきが溢れることになった。11月22日、向井理(32才)と国仲涼子(35才)が年内にも結婚することを『スポニチ』が報じた。

 ふたりの出会いは2012年1月のテレビドラマ『ハングリー!』(フジテレビ系)での共演で、2年半の交際を経てのゴールインとなったが、そもそも、ふたりの交際は本誌がスクープしたことで発覚した。

 2012年12月、神奈川県湘南の一軒家レストランで、ランチデートをしている姿をキャッチ。仲よくピザを分け合うふたりは、周囲にもバレバレだった。

「ランチのあとはふたりで横浜のIKEAに行って、向井くんが寝具を買っていきました。当時から、誰が見てもつきあっているとわかるほどアツアツでした」(居合わせた客)

 この報道直後の記者懇談会で、向井はなぜか、「根も葉もない話です」と交際を全否定。しかし、本誌はその後もずっと、このふたりの恋の軌跡を見守り続けてきたのでした。2013年1月には、ペット同伴で、合鍵を使い、向井宅にお泊まりする国仲をスクープ撮。向井の事務所は、この時も、「ふたりの交際についてはこれ以上申し上げられません」と、歯切れの悪い回答に終始していたが、さらにさらに、本誌は今年に入ってからも、ふたりのデート現場を目撃していた。

「4月頃ですが、彼の自宅付近にある行きつけの焼き肉店で、向井さんと国仲さんが一緒にご飯食べていたんです。テーブル席で周りを気にすることもなく、仲よくおしゃべりしてました。この日以外にも、ふたりで来たり、グループで来たりしていたので、もう仲間内では公然の仲だったんでしょうね」(居合わせた常連客)

 さすがにもう隠せないと思ったのか、結婚報道の際は、向井の事務所も「プライベートは任せております」とコメントし、ようやくふたりの仲を認めたのだった。

「向井さんはプライベートを切り売りするのが嫌で、“結婚するまでは明かさない”と決めていたようです」(芸能関係者)

 向井は今年6月、あるインタビューで結婚について聞かれ、こう答えていた。

《やっぱりタイミングだと思うんです。相手との相性もそうだし、仕事のタイミングも含めて。無理して急ぐことじゃないかもしれないし》

※女性セブン2014年12月11日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング