3人息子を京都大学に送り込んだ破天荒なオヤジの教育術3つ

NEWSポストセブン / 2014年12月2日 7時0分

 このたび、『強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話』(徳間書店)という本が発売された。古代ギリシアの哲学者・ソクラテスさながらの風貌のオヤジが息子たちを塾どころか高校にも通わせず、破天荒なやり方で全員を京都大学合格に導いたことを描いたノンフィクションだ。

 そんなオヤジの教育術3つを、この本を書いた長男で学習塾「探究学舎」の塾長をしている宝槻泰伸さん(33才)に教えてもらった。

【1】オヤジ流教材の選び方

 大量のメディアを教材にする。本、マンガ、映画など良質のものに触れさせ、内容や感想をアウトプットさせる。親が目利きとなって、最適な教材とその順番を選んであげる。入門編は特に吟味する。

【2】オヤジ流人づきあい

 地頭を鍛えるメディア家庭教師に加えて、オヤジの友達をリアル家庭教師にする。旅行好きの主婦、和尚、作家、彫刻家、豆腐屋のおじさん、バス停で知り合った外国人…いろんなタイプの人との出会いを大切にする。

【3】オヤジ流受験攻略法

 英語はひたすら音読・暗唱を繰り返し、文章を丸ごと覚えこむ。国語は名文や好きな文章をひたすら書き写す。原稿用紙300枚ほどが埋まる頃には、文章を読むのも書くのも得意になっている。数学は数学史、科学史など歴史を織り交ぜながら公式を理解する。その後、問題集を1冊決めて、何度も繰り返し解く。

※女性セブン2014年12月11日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング