水谷豊 仕事に口出し娘から離縁状、妻・伊藤蘭は娘の味方

NEWSポストセブン / 2014年12月2日 7時0分

 東京・六本木の路地裏にあるモダンな雰囲気の蕎麦店・ここは市川海老蔵(36才)や柴咲コウ(33才)、浅田美代子(58才)、成宮寛貴(32才)らも足繁く通う名店なのだが、その夜、水谷豊(62才)・伊藤蘭(59才)夫妻の姿があった。ふたりは神妙な面持ちで語り合っていたという。

「水谷さんと伊藤さんは夫婦水入らずでいらっしゃってましたね。深刻な表情で娘さんについて話しているようでした。“あの娘は女優として食っていけるのか…”とか“どんな仕事が合っているのか…”なんて言葉が聞こえてきましたよ。水谷さんは娘さんのことが心配で仕方ないって様子でした」(居合わせた客)

 妻・伊藤との間に愛娘・趣里(24才)が誕生したのは1990年9月。水谷は出産にも立ち会い、4才から始めたバレエを応援し続け、ロンドンにも留学させた。娘がケガでバレエの夢を断念した後、両親と同じ“役者”の道を選んだ際には猛反発したこともあった。

「できれば、(芸能界とは)別の世界に行ってほしい」

 これが父としての水谷の本音だった。

 しかし、そんな水谷の思いとは裏腹に、趣里は2012年5月の舞台共演をきっかけに若手イケメン俳優の田島優成(27才)との交際をスタートさせる。

『女性セブン』は2013年2月、趣里がひとり暮らしをするマンションに田島が転がり込む形で同棲を始めたことも報じている。

「当初、水谷さんは“彼には会いたくない”とまで言い、田島さんとの交際をまったく認めていませんでした。

 でも、ケガでバレリーナという夢が絶たれた趣里ちゃんに“女優”という新たな夢を与えて立ち直らせてくれたのが彼だったということを知った水谷さんは、ふたりの交際を泣く泣く認めざるを得なかったんです」(水谷の知人)

 だが、本誌の同棲報道から、わずか1か月足らずで田島は事件を起こす。

 2013年4月、彼は出演中の舞台を寝坊でドタキャンして公演を中止させるという大失態を犯してしまったのだ。この事件をきっかけに、田島は当時の所属事務所を退社、そして、ふたりは同棲を解消してしまう。

 以来、水谷の心にも娘の“悲恋”はトラウマとして刻まれ、趣里への干渉は日に日に増していき、ついにはプライベートだけではなく、仕事にまで及んでいるというのだ。ある舞台関係者はこう話す。

「かつて趣里さんと仕事をしたことがある演出家が、“また一緒に”と出演オファーを出したところ、“パパが…”と断られたそうなんです。どうやら、今彼女の仕事には水谷さんが口を挟んでいるようです。特に若い男性が共演者の場合はチェックが厳しいみたいですよ」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング