兵庫警察学校 辞めるよう執拗な嫌がらせ受けたと告発される

NEWSポストセブン / 2014年12月5日 16時0分

 6月に警視庁の巡査長が逮捕された強姦強盗事件や本誌がスクープした「交番での警官同士の情事」(11月28日号)など、警察の不祥事が相次いでいる。採用や訓練で厳しく選別、教育されていると市民は思っているが、実は新人警察官が職務に必要な知識と技能を学ぶ「警察学校」で、退職を強要するような嫌がらせが繰り返されていたことが明らかになった。

 大学卒業後に兵庫県警の採用試験に合格し、2013年4月に警察学校での生活をスタートさせたAさん(25)は、約4か月で職を失った。警察学校は苦痛の連続だったと振り返る。

「入校直後から教官から辞めるよう圧力をかけられ、執拗な嫌がらせを受けました。つらくて眠れなくなり、手足が震える症状も出ました。それでも小さい頃からの憧れだった警察官として頑張りたかったので耐えていましたが、昨年8月になって成績不良を理由に免職になってしまいました」

 警察学校は各都道府県警の採用試験に合格した者が入る全寮制の訓練機関だ。半年間(高卒の場合は10か月間)で捜査に必要な法律知識や技能、逮捕術などを学ぶ。名称は「学校」だが、在籍者はすでに警察官であり、在籍中は試用期間にあたる。

 不況下の就職先として警察官(地方公務員)は根強い人気があり、採用試験の倍率は約8倍にのぼる。Aさんも難関を突破して警察学校に入ったが、冒頭の証言のような苦難が待ち受けていたというのだ。

「入校2日目の4月2日に、クラスの教官から『お前は24歳なんやからまだ若い。ワシのいっている意味わかるな』と、早く転職するよう促されました。その後もことあるごとに講義中に廊下に立たされ、同期生の前で『お前、頭悪いやろ』と叱責され、4月19日には『お前は絶対に卒業させん。おっても無駄や。辞職届を書け』とまでいわれました」(Aさん)

 それからは顔を合わせるたびに退職を迫られる日々が続いたという。Aさんは兵庫県を相手取り、700万円の損害賠償などを求めて神戸地裁に訴えを起こし、係争中だ。

 Aさんの主張では、6月に体調を崩していた中、教官室で「腕立て伏せ3000回」を命じられたという。

「270回あたりでめまいを起こしてダウンすると、教官は『アピールはいらんのじゃ、お前はいつも口だけじゃ』と憤っていました。8月に入ってからは学生指導員(先輩生徒)から暴行も受けました」(Aさん)

 一方の県側は「教官は辞職を勧めたが、強要した事実はない」と主張し、暴行も否定。Aさんに適性が欠けていたとして、請求棄却を求めている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング