小谷野の西武入り消滅 西武D気候説に対し「札幌の方が…」

NEWSポストセブン / 2014年12月3日 7時0分

 アスレチックスが来季の契約オプションを実行しなかったためFAとなり、日本球界への復帰が濃厚な中島裕之をめぐり、阪神と西武がしのぎを削っている。西武がここまで必死になるのは、獲得を目指した日本ハムの大物・小谷野栄一に振られたため。

 その小谷野はオリックス入りが決定したが、西武が袖にされた理由が、「本拠地・西武ドームの寒暖差」といわれる。

 京セラドームとは異なり、西武ドームには横壁がなく外気が入ってくる。そのため寒暖差が激しく、ケガの多い小谷野が嫌ったとされる。

「札幌のほうが寒いじゃないか」という球団関係者の嘆きだけが響いた。

※週刊ポスト2014年12月12日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング