嗜好品と病気を結びつける疫学調査 「因果関係なし」の声も

NEWSポストセブン / 2014年12月6日 16時0分

 酒やたばこ、コーヒーなどの嗜好品は、過剰摂取による健康被害が疑われやすい。

 例えば、日本人の多くが愛飲するコーヒーも、かつてはコーヒーに含まれるカフェインに発がん性があると言われた時期があったが、最近では糖尿病の予防効果やアルツハイマー病の認知症状を改善するといった研究データが出るなど、良くも悪くも諸説が飛び交う。

 一方的に“悪者”にされやすいのが、酒とたばこだ。「酒飲みは胃潰瘍になりやすい」との説も一人歩きしているが、決して断定することはできない。医学博士の葦原祐樹氏がいう。

「現在では胃潰瘍の原因はピロリ菌だと分かり、ピロリ菌の保菌者がストレスを受けると胃潰瘍を発症します。確かにストレスの多い人は酒を飲むので、胃潰瘍になりやすいという2つの因子に関連はあります。しかし、だからといって飲酒が胃潰瘍の原因ではなく、むしろ治療法、あるいはストレス軽減の予防法とも言えるのです」

 つまり、「○○すると××になる」との<相関関係>はあっても、原因と結果が直接結びつく<因果関係>にはならない。なぜ個々の要因による疾病への影響度を断定できないのかといえば、疫学調査という統計データに頼っているからである。

「たばこを吸うと肺がんになる」と発表されている多くの研究データも、まさに疫学調査の結果であるが、現実には男性喫煙者が1950年の85%から2010年に36.6%にまで下がっているにもかかわらず、肺がんの死亡者数は1119人から約7万人とおよそ60倍に膨れ上がっている。

 この数値ひとつを見ても、たばこと肺がんの因果関係を示すのは容易ではなく、また医学的に証明されたものではない。

 では、実際にどうやって調べているのか。『信じてはいけない「統計的に正しい」こと』(幻冬舎ルネッサンス)の著者である市毛嘉彦氏に聞いてみた。ちなみに、同氏は自動車メーカーで数々の開発実験を行ってきた技術者だ。

「基本的には、喫煙者の集団と非喫煙者の集団を長期間観察し、それぞれの集団で肺がんになる人の割合を調べます。このとき、喫煙以外の条件が肺がんの発症に影響するのを防ぐため、年齢や性別などの条件を揃えることが必要になります。

 しかし、実際には初めから条件が揃った集団を作ることは難しいので、条件が異なる大量のサンプルを観察し、結果を統計処理する段階で、条件が同じサンプルを取り出すことになります」

 こうして様々な疫学調査の結果から、たばこと肺がんに相関関係があることが導き出されるのだが、「因果関係があると主張するのは早計だ」と市毛氏は続ける。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング