安倍首相 中国APECで「屈辱の青」の服着させられたとの指摘も

NEWSポストセブン / 2014年12月20日 16時0分

 11月のAPECで安倍晋三首相がようやくこぎつけた日中首脳会談。しかしその成果について、作家の落合信彦氏は「何一つない」と喝破している。

 * * *
 わずか25分の会談で、うち10分が通訳に費やされているわけだから、実際は15分しか話していない。これで首脳会談と言えるのか。
 
 安倍は完全に習近平にコケにされていた。習近平はプーチンとはグーッと力を込めて握り合う握手をしたにもかかわらず、安倍が求めた握手にはそっと指先で触れるだけだった。で、すぐさま横を向いてしまった。
 
 さらにその後、中国の伝統服を着たのだが、習近平が紫だったのに対し、安倍は青色だった。古くから中国では、紫が最高権威を表すのに対し、青は最下層の労働者の色とされていた。私は以前、中国の高級官僚だった友人に北京のデパートでブランドものの高級なジャケットを買ったのだが、その友人は決してそのジャケットを羽織ろうとしなかった。それが青色だったからだ。
 
 中国ではそうした意味合いを持つ「屈辱の青」を、安倍は着させられ、しかもへらへらと笑っていた。もちろん、国民の反日感情の手前、習近平がそう振る舞わなければならなかった事情もあるのだが、それにしても舐められたものだ。
 
 安倍が舐められる理由は明白で、サンゴ問題のように、中国が何をしてもその場で対応を決断せず、問題を先送りするのが目に見えているからだ。
 
 そもそも、中国人は自分からへらへらとすり寄ってくる人間を評価しない。認めたくはないがプーチンのように、毅然とした態度で対等に振る舞おうとする人間こそ、歓待されるのである。(文中敬称略)

※SAPIO2015年1月号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング