マグロ養殖に志願者日本一 近大にビジネスのヒント多数あり

NEWSポストセブン / 2014年12月13日 16時0分

写真

近大マグロ使ったカップラーメンが人気

 作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏にとって、「近大」の取材は驚きの連続だったという。今、最も勢いのある大学のひとつとされるのはなぜなのか。

 * * *
 あの「近大マグロ」を気軽に食べることができる時が、いよいよ到来した? 12月1日、即席カップ麺「近畿大学水産研究所監修 近大マグロ使用 中骨だしの塩ラーメン」がコンビニやスーパーで発売されたとたん、人気に火がついた。

「150万食の販売が目標でしたが、この勢いだと年内に売れ切れてしまうかもしれません」と担当者は慌て気味。「近大マグロ」への関心の高さからなのか。

 ご存じ、「近大マグロ」とは近畿大学が世界で初めて完全養殖に成功したクロマグロ。その「近大マグロ」を提供しているのが、料理店「近畿大学水産研究所」(大阪と東京の二店舗)。連日行列ができてランチはたちまち売れ切れ、夜の予約は1か月先まで埋まっている。つまり、「近大マグロ」に興味はあっても、そうそう簡単には食べられない状態なのだった。

 今回のカップ麺が、「一度は味わってみたい」という多くの人々の好奇心に「刺さった」、ということかもしれない。

 それにしてもなぜ、「近大マグロ」がカップ麺になったのか。「近大マグロ」は希少価値が高いから皮も身もすべて料理に使う。しかし、骨だけは廃棄せざるをえなかった。「惜しい」と考えた近大水産研究所。エースコックに再利用の検討を要請し、今回の商品化が実現したという。

 中骨からエキスを抽出してカップ麺に活用することで、「捨てることなく全てを食べ切ることができ資源利用・保護にもつながります」。利に適ったコラボ。「長い時間をかけた研究成果の近大マグロを、手軽に味わっていただきたい」と関係者は意気込む。

 さて、そのお味は? クロマグロの中骨を炊き出した塩味のスープ。さっぱりしているわりに、奥行きのある旨みとコク。食べ終わるとふと、カップ麺のフタの裏側に目がいく。「卒業証書」とある。

「あなたは近畿大学の水産研究所養殖過程を優秀な成績で卒業され、お客さまの舌を唸らせる近大マグロエキスに加工されたことをここに証します」

「近大マグロ」の証としての卒業証書だ。シャレが効いている。

 実は、近大から生まれ出たマグロの「異種」は、カップ麺だけではない。一冊の書籍『なぜ関西のローカル大学「近大」が、志願者数日本一になったのか』(光文社)。ひょんなことから、この私自身が取材し執筆することになった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング