5年連続紅白司会の嵐 司会は楽しむものじゃないと櫻井翔

NEWSポストセブン / 2014年12月18日 16時0分

 デビュー10周年目にして『NHK紅白歌合戦』に初出場した嵐。翌年からは白組司会に抜擢され、2014 年で5年目を迎える。何年やっても司会には慣れないというが、少しは楽しめているのだろうか。

「基本的に司会は楽しんでやるべきものではないと思ってるんです。ぼくら5人に課せられた任務をしっかり果たさなければならないので。それなりの責任を背負っているわけだから…。ぼく個人の意見だけどね」と櫻井翔(32才)。

 その言葉を受け、静かにうなずいた4人。結成から15年。言葉のフレーズは違っていても、それぞれが同じ方向を向いているのがよくわかる。

 2014 年はジャニーズ事務所の先輩であるV6の初出場も決まった。「ぼくはV6のファンで…」と二宮和也(31才)が言うと、負けじと「ぼくの方がV6のファンです」と相葉雅紀(31才)。「そういう場じゃないから」と櫻井にたしなめられ、苦笑い。

 でもそれくらい同じステージに立てることが嬉しい様子。「Jr.時代ずっとバックにつかせていただいてきた先輩のステージは楽しみです」と大野智(34才)が言うように、背中を追い続けてきたV6の存在は、メンバーにとってかけがえのないものとなっているようだ。

 毎年勝ちにこだわる大野は、2014 年も優勝旗を持つ気満々。嵐が今まで司会を務めたうち負けたのは1回。その時のなんともいえない重い空気は今でも忘れられないという。勝っても負けても2014 年の総決算となる紅白歌合戦。「番組を盛り上げていきたい!」と5人は大みそかの夜へ思いをはせた。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング