ブラック不動産会社 山奥の研修所に隔離し2kmダッシュさせる

NEWSポストセブン / 2014年12月21日 7時0分

 ブラック企業問題が世間を賑わせているが、実際はどんな過酷な待遇を受けているのだろうか。

「入社直後、人里離れた山奥の研修所に隔離され、スマホやケータイを没収されて外界との接触を禁じられました」

 こう話すのは中部地方の中堅不動産会社に勤務経験のあるAさん(仮名、24才)。研修中は毎朝5時起床で山中2kmを全力ダッシュ。日中は「死ぬまで働くのが仕事だ」という会社の教えを徹底して叩き込まれ、夜は毎晩、5分間のスピーチや小テストの繰り返しだった。

 すべてのプログラムが点数化され、会社の考えに染まらない社員は周囲から責め立てられた。それはまるで研修という名の洗脳だった。

「2km全力ダッシュの最中、あまりの過酷さに過呼吸でダウンした同期の女性がいました。その姿を見た上司は『彼女は全力でやった』と拍手を送った。さすがについていけないと感じ、研修後ほどなくして退職しました」(Aさん)

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング