綾瀬はるか 夜遊びも行かず送迎車で自宅と現場を往復の日々

NEWSポストセブン / 2014年12月24日 16時0分

 仕事もプライベートも「非モテ」なのに高い人気をキープし続けるのが彼女の強みのようだ。

 綾瀬はるか(29)の主演ドラマ『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)は最終回で視聴率16.9%を記録し、平均視聴率16.0%という高い数字を残した。

「30代処女」という役柄が綾瀬のキャラクターにぴたりとハマったことが勝因だが、プライベートでも「スキャンダル処女」は相変わらずのようだ。

 綾瀬は『JIN~仁』(TBS系)で共演した大沢たかおとの「熱愛」が2010年に報じられたが、今となっては本当に交際していたかどうかさえ怪しいという。

 ベテラン芸能記者が語る。

「綾瀬が事務所マネージャーの送迎で大沢のマンションに通っているところを写真誌に撮られたのですが、ツーショットはなく、その後も交際報道がなかった。『演技のアドバイスをもらっていただけ』という事務所の説明を信じるかはさておき、男女の関係だったとは思えません」

 当時と同様、綾瀬は今も送迎車で完全ガードされて撮影現場と自宅を往復する日々。夜遊びに出かけることもないという。

※週刊ポスト2015年1月1・9日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング