国籍捨てたい安藤美姫 南里から慰謝料1500万円請求される

NEWSポストセブン / 2014年12月25日 7時0分

 スペイン人フィギュアスケート選手のハビエル・エルナンデス選手(23才)と交際宣言をした安藤美姫(27才)。

「もう互いの家族にも紹介しあっていて、結婚へ向けて時期の相談をしている段階なんです。早くて2015年春、遅くとも夏までにはと考えているそうです」(フィギュア関係者)

 そんなハッピーな安藤だが、一方で大きな火種を抱えているという。安藤が2013年4月3日に出産した愛娘・ひまわりちゃん(1才)の父親で、元フィギュアスケーターの南里康晴(29才)が安藤に対して慰謝料を求めているというのだ。

「金額は総額1500万円だそうです。安藤さんが彼にした仕打ちを考えたら、決して高い金額ではありません。安藤さんは南里さんの人生を大きく変えてしまったんですから…」(南里の知人)

 いまだに安藤が父親を明かさずシングルマザーでいるのは、安藤の母親の猛反対があったからだ。

「安藤さんの母親は南里さんを、安藤さんの夫、ひまわりちゃんの父親とは、どうしても認められなかったんです。そして南里さんに、どうしても入籍したいなら、“婿養子に入ること”“スケートを辞めること”“スケート以外の仕事で充分な定収入を稼げるようになってから”など、細かい条件を突きつけたんです」(スポーツ紙関係者)

 小さな頃からスケート界にいた南里にとって、スケートを辞めることは身を引き裂かれる思いだったという。

「実際は2014年の4月に入籍する方向で話は進んでいたんです…。それは安藤さんも、南里さんも、周りの人に伝えていました。でも安藤さんの母親が、南里さんのスケーター時代のあるトラブルを聞いてきて大激怒。そのトラブルが今となっては本当のことかどうかわかりませんが、“そんな男を孫の父親とは認められない”って再び態度を硬化させたそうなんです」(前出・スポーツ紙関係者)

 次々に立ちはだかる問題に、安藤と南里の絆が揺らいでいた。そんなとき安藤は現在の恋人であるハビエルと急接近した。2014年10月6日、安藤とハビエルがキスを交わしているシーンが『女性自身』に報じられた。

「その日は南里さんの誕生日だったんですが、かなり深刻なけんかをしていた時でした。結局はこのことがきっかけで、安藤さんは南里さんとの別れを決めたんです。別れは仕方ないと思うんです。ただ、いきなり結婚宣言ともとれるあんな写真をアップするのは、さすがにひどすぎないですか? 南里さんは相当ショックを受けていて、声もかけられないほどでした」(前出・南里の知人)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング