『ドクターX』続編熱望するテレ朝に対して米倉涼子の思惑は

NEWSポストセブン / 2014年12月28日 7時0分

 米倉涼子主演の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が、全話平均視聴率22.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)を記録。NHK連続テレビ小説『花子とアン』やフジテレビ系『HERO』を抜き、今年の連続ドラマで視聴率トップに立った。

「私、失敗しないので」という強気なフリーランスの女性外科医の活躍を描く『ドクターX』は、2012年から始まり、今回で第3期を迎えた。平均視聴率こそ第2期に0.1%及ばなかったが、初の全話20%超えを達成。最終回には、過去最高となる27.4%を残し、いまやテレ朝の看板ドラマに成長した。テレビ朝日関係者が話す。

「まさに米倉涼子さまさまです。春先から、全体的に局の視聴率が落ち込み、良い話題が少なかった。そのなかで、『ドクターX』が頑張ってくれたことで、今年も全日視聴率2位を何とか確保できそうです。米倉さんには、ぜひ来年も主演してほしい。局の誰もがそう願っています」

『ドクターX』を続けてほしいとテレ朝が願うウラには、『相棒』の不調があるという。

「万年民放4位だったテレ朝が躍進した理由のひとつに、ドラマ『相棒』の存在がありました。16時台に再放送される『相棒』が毎日2ケタ前後を獲るので、17時台の『スーパーJチャンネル』の数字も安定していたのです。視聴率戦争において、帯番組は最も重要です。だから、『相棒』には頭が上がりません。

 ただ最近になって、16時台の『相棒』の視聴率が落ち始めている。11月は6%台になることも珍しくなかった。それに引きずられるように、『Jチャンネル』の数字も下降したんです。たとえば、11月11日は『相棒』が6.7%で、『Jチャンネル』も6.3%に。17日も、『相棒』が6.7%と伸びず、『Jチャンネル』も6.6%。18日は両番組とも6.6%に終わりました。

 これまで『Jチャンネル』は8~9%台を保ち、2ケタに乗ることもあった。たとえば、10月21日~23日は『相棒』が11%台で、『Jチャンネル』が9%台でした。明らかに『相棒』の視聴率に影響を受けています。そのため『相棒』の不振は、全日視聴率に響いてくるのです」

 12月に入ってからも、『相棒』の再放送は主に7~8%台。10月から水曜21時台で、『相棒 season13』が始まっているが、こちらも以前ほどの勢いはない。20%超えは一度もなく、7話では13.8%となった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング