なぎら健壱 実家のおせちに入る「生たこ入りなます」が好評

NEWSポストセブン / 2015年1月2日 7時0分

 それぞれの家庭に受け継がれるお正月の風景。シンガーソングライター・なぎら健壱さん(62才)が、正月の過ごし方について語った。

 * * *
 おせちなんてあんなのちっともおいしいと思わなかった。あれは普段、家事をしているお母さんを休ませるための保存食ですからね。冷めても味わえて、日持ちがする。普段食べているものより格段においしいわけじゃないけれど、やっぱり特別なものって感じはしますね。

 なぎら家では生たこ入りの紅白なますが必ず出てくる。うちのおふくろが入れていたんだけど、生のたこじゃなきゃおいしくないの。うちの奥さんもおふくろに教わって生たこ入りのなますを作るようになったんですよ。うちに来る人はみんな驚くけれど、“珍しくておいしい”って好評で。生たこ入りなますはなぎら家のお正月の定番料理ですね。

※女性セブン2015年1月8・15日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング