ボブとは違う? 水原希子らの「ボブディ」ヘア流行の背景は

NEWSポストセブン / 2015年4月19日 16時0分

 女優の広瀬すずや、モデルの玉城ティナ、西内まりやなど、ボブヘアの芸能人が増えている。こうしたトレンドを受けて、巷でもボブにイメージチェンジをする女性が後を絶たないという。都内のサロンに勤務する女性美容師のAさんは、こう語る。

「ここ数年、重ためのカットが流行っていることと、タレントさんでボブにする人が増えていることもあってか、確実にボブのオーダーが増えていますね。以前のように、コテコテの巻き髪といかにもモテ系のファッションというのが流行らなくなっている点も関係しているかもしれません。

 今のファッションはカジュアルさやストリート感、クール感と女らしさをミックスさせるのがポイントで、ボブはそれに最適なんです。一度ゆるく巻く、ワンカーのボブが“今年っぽい”ヘアですね。また、ボブとミディアムの中間の『ボブディ』も流行っていますよ」

「ボブディ」とは、ボブよりも少し長めでミディアムヘアよりも短く、肩に付くかつかないか、といった長さのヘアだという。今年に入ってから「ボブディ」ヘアにしている女性Bさん(28歳・会社員)は、こう話す。

「美容師さんに、ロングヘアからいきなりショートカットにするのが不安だと話したら『ボブディ』を勧められました。水原希子さんやトリンドル玲奈さんも『ボブディ』なので気になっていたのでよかった。今年はデニムやスニーカーが流行っているので、そういうカジュアルスタイルにもよく似合うヘアなので流行っているんだと思う」(Bさん)

 女性のヘアトレンドの変化には、ファッションのトレンドが大きく関係しているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング