100円朝食など大学が朝食を用意することが全国的なブームに

NEWSポストセブン / 2015年5月19日 11時0分

 午前8時過ぎ。東京・国分寺市にある東京経済大学の食堂には入れ替わり立ち替わり100人以上の学生が集まっていた。以前ならキャンパスは1限前で閑散としていた時間帯だ。

 学生たちのお目当ては食堂で提供される朝ごはんだ。この日の献立はご飯、豚汁、鰆(さわら)の西京焼きに10種類の中から2種類が選べる小鉢がつく。これで値段は何と100円だ。

 同大では、今年4月から土日を除く授業実施日に「100円朝食」の提供を通年でスタートした。朝食の原価は300円程度。差額の約200円分は同大の父母の会が負担している。この日の鰆定食(100食限定)は早々に売り切れ、代わりの主菜としてメンチカツを提供する盛況ぶりだ。毎日のように来る女子学生がいう。

「コンビニでおにぎりを買うより安いので助かっている。“朝ごはんは大学の食堂で食べたよ”とLINEで母親に画像を送っています。それを見て安心しているみたいですね」

 実家暮らしなのにやってくる男子学生もいる。

「母は“大学のほうが安いし、栄養も考えられているから大学で食べなさい”というんです」

 なぜ大学が朝ごはんを用意しているのか。取り組みを始めた理由を大学側はこう説明する。

「アンケート調査で、朝食を摂らない学生が非常に多いことがわかりました。地方に住む親御さんはお子さんの食生活をとても気にしています。とりわけ新入生は初めて親元を離れるなど環境の変化が激しく、1限目の講義も多い。

 大学生活が始まってすぐに自分のことがすべてできる人ばかりではありません。そんな時に、父母の会から学生の1日の最初の食事だけでも支援したいという提案があり、大学側も協力して実施することを決めました」(総合企画部)

 親心はわからなくないが、大学生といえば立派な大人である。自分の朝食くらい自分で何とかしろといいたくもなるが、最近はそういう考え方こそ常識はずれらしい。なぜなら大学が朝ごはんを用意することは、全国的な“ブーム”になっているからだ。

 有名大学も例外ではない。期間限定ではあるものの、早稲田大学や慶応義塾大学、明治大学といった有名私大でも実施されている。

「学生健保ではケガをしたり病気になったりした学生に組合費が還元されることが多く、健康な学生にも還元する目的で始めました。原価約350円の朝食を、健保が約250円負担して100円で提供しています」(明治大学学生支援事務室)

「1円朝食」や「無料朝食」を出す大学もある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング