霊能者「名古屋の神様」は松田聖子や寺島しのぶの名付け親

NEWSポストセブン / 2015年8月13日 7時0分

写真

松田聖子の名付け親は「名古屋の神様」だった

 愛知県名古屋市を拠点に、もう50年近く、芸能界をはじめ政財界の著名人の間で「霊能者」として知られる存在が、沖紘子さんだ。
 
「聖子が歌手デビューしたのは、百恵さんが三浦友和との結婚と引退を表明した直後。当時絶頂期のアイドルだった百恵さんを失って、日本中が沈みがちだったところへきら星のように現れたのが聖子でした。

 1980年4月にデビューして、あっというまにスターの階段を駆け上がりましたよね。“聖子ちゃんカット”が社会現象になり、その年にリリースした『青い珊瑚礁』で数々の賞レースを獲得し、マスコミで聖子の特集がいろんな形で組まれました。そのとき、“松田聖子の名付け親”として、沖さんの名前が知られるようになりました」(芸能関係者)

 沖さんは聖子だけでなく、早見優(48才)や太川陽介(56才)、沢田知可子(52才)ら数々の著名人の名付け親でもある。生前の岡田有希子さん(享年18)が歌番組『ザ・トップテン』(日本テレビ系)に出演したとき、司会の榊原郁恵(56才)を「長距離ランナー」、岡田さんを「短距離ランナーの生命力」と表現し、岡田さんが亡くなった後、このシーンが話題になったこともあった。

「でもそれ以前から、沖さんは、いろんなところで噂される存在だったんですよ。とにかく、よくあたる霊能者でしたからね。関口宏さんのテレビ番組に出演することもありましたし、まだ沖さんが20代の頃だったと思いますが、寺山修司さんとラジオ番組で共演したこともありました。

 初めて沖さんに会ったとき寺山さんは、“馬のように足がぐっとしまっている女性とか、馬と同じように女性を選びますね”って言われたそうです。寺山さんは馬好きで馬主にもなったことがあるほどでしたが、まさかそんな形で初対面の沖さんに女性の好みを当てられるとは思ってもみなかったようで、“面白い!”となったそうです」(ラジオ局関係者)

 歌舞伎界でも沖さんは知る人ぞ知る存在だ。特に寺島しのぶ(42才)とはもう10年以上のつきあいという。

「もともと坂東三津五郎さん(享年59)が沖さんと親しかった縁と聞きました。寺島さんの本名は“寺嶋忍”ですが、芸名をどうするか相談して“寺島しのぶ”にしてから、女優として数多くの賞を受賞するようになったんです。そんな経緯があったから、今も公私にわたって親しく、長男・眞秀くん(2才)の名前も、生まれて来る前から、どうしたらいいか、随分沖さんに相談していたようですね。

 沖さんは毎月、その力を高めるために京都の鞍馬山に行くのですが、そこに寺島さんの弟・尾上菊之助さん(38才)と瓔子夫人(32才)が同行することもあるそうです」(梨園関係者)

 前述のとおり沖さんは、20代の頃まではその霊能力が話題を呼び、テレビ番組に出演することも少なくなかったが、結婚を機に表舞台から姿を消した。そして著名人がここぞのときに駆け込む「名古屋の神様」として噂される存在になっていた。

※女性セブン2015年8月20・27日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング