趙紫陽元総書記「総書記の仕事は長老使い走りだった」と述懐

NEWSポストセブン / 2015年8月29日 7時0分

 1989年6月の天安門事件で失脚した趙紫陽・元中国共産党総書記(2005年に死去)がまだ現役の総書記時代、「最高実力者」と呼ばれた改革派のトウ小平氏や、保守派でトウ氏同様、政治的な影響力が強かった陳雲・元党政治局常務委員ら老指導者らの指示に振り回されて、政策などの調整が難航するなど「総書記は本当に大変な仕事だった」と述懐していたことが分かった。

 米国に拠点を置く中国情報専門の華字ニュースサイト「多維新聞網」が新刊『趙紫陽の秘密』の内容として報じた。

 それによると、趙氏が総書記だった当時、陳氏が趙氏に「重要な問題があるので、党幹部の会議を開いてほしい」と言ってきた。当時は「長老指導者がたくさん残っていた」こともあって、趙氏の一存で会議の開催を決定できず、トウ氏に「陳同志から会議を開くように言われました」と相談したという。

 トウ氏は「会議を開くには及ばない。何か問題点があれば、私に聞けば良いのだ」とにべもなく陳氏の要請を断った。

 会議を開かずにいると、陳氏が趙氏に「なぜ、会議を開かないのだ」と詰問してきた。趙氏は「私は単なる秘書長みたいなものですから、会議を開くかどうかは、あなたとトウ小平同志で相談してみてくれませんか」と返答した。

 これに対して、陳氏は「お前は単なる秘書なのか」と呆れたような言葉を返されたという。

 また、もう一人の長老指導者、李先念・元国家主席は趙氏とトウ氏が親しいことについて、「趙紫陽はトウ小平にへつらってばかりいる。何かあると、トウ小平と相談して、他の人には相談しようとしない」と述べて、他の老指導者の前で趙氏を公然と批判してきたこともあったという。

 これについて、趙氏は「2人の長老指導者でも大変なのに、3人もいれば、もっと大変だ。本当に総書記の職をこなすのは難しい」と思わず愚痴が出たというのだ。

 このような長老指導者と趙氏の確執が徐々に大きくなり、次第に収拾がつかなくなる中、1989年の天安門事件当時の民主化運動で、趙氏の学生への対応などめぐって、長老指導者の怒りが爆発し、トウ氏を巻き込んでの政治問題に発展。最終的に、トウ氏も他の長老らの意見を聞き入れないわけにはいかず、趙氏の失脚につながったという。

 ネット上では「このような例は毛沢東と劉少奇の間にもあった。中国共産党には民主的な解決方法や西側の政治的な成熟性はないので、いったん対立すれば命の取り合いに発展することも少なくない。権力闘争は、まさに共産党のもつ宿命ともいえる」との書き込みが際立っている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング