50代女性 同窓会で幸せオーラを放つ人は皆スカートだった

NEWSポストセブン / 2015年8月30日 16時0分

 ファッションプロデューサーの植松晃士氏が正しいオバサンの生き方を論じる等コーナー。今回は、前回に続き50代女性の同窓会事情に迫る!

 * * *
「同窓会で若々しく、幸せオーラを放っていた人は、みんなスカートを穿いていた」そうです。

 これまで、「オンナと生まれたからには、女性にしかできないおしゃれをしましょう。お出かけ着にズボンはやめましょう」と言い続けてきましたが、それを裏付ける証言を得て、「女子は一生、スカート」とさらに声を大にして言いたい。

 そして3cmでいいので、ヒールのある靴を合わせていただきたい。女性はヒールを復活させると、一歩歩くごとに美しくなっていくものです。

 実は以前、パンツ一辺倒だった女子スタッフに、「ヒールを履かない女性はオンナじゃないっ」と檄を飛ばし、ワードローブを一新させたことがありました。

 彼女の変化はすごかったですよ。まず、真っ先に仕草が女らしくなり、メイクが変わり、髪形が変わり、さなぎが蝶になるように美しく洗練されていきました。

 そりゃそうです。ヒールほど「私はオンナなんだわ」と実感させてくれるアイテムなんて、そうありませんから。

 ときおり、サンダルとも呼べないようなご近所履きをつっかけて、引きずるように歩いているかたをお見かけしますが、あの見た目の不快度は、逮捕はされないけど、周囲が嫌~な気分になるという意味では、男性の立ちションと同レベル。軽犯罪ですよ。

 それにあれを履いて姿勢よく、歩き方のきれいな人って見たことありません。靴は確かに消耗品です。汚れるし傷もつく。でもそうしたものだからこそ、女の心意気とプライドを見せていただきたいと、心から思うのです。

 オバさん、万歳!

※女性セブン2015年9月10日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング