インスタグラムでのナンパ Twitter、mixi等より低い障壁も

NEWSポストセブン / 2015年9月4日 16時0分

 TwitterやFacebookなどのSNSを通じてナンパを行なう「ネットナンパ」。サービスが普及するに伴って、それぞれの機能を利用したナンパの手法が考え出されるのが常だ。そんな「ネットナンパ」の世界で、ここ最近広がっているというのが「インスタナンパ」である。これは画像投稿サイト「Instagram」(インスタグラム)を利用したナンパ方法で、実際にインスタナンパをしてきた男性と会った経験があるという女子大生・Aさん(22歳)に話を聞いた。

「インスタでファッション系の写真をあげていたイケメンをフォローしていたら、あるときその人の友達からダイレクトメッセージがきました。『そのイケメンを交えて4人で海で会わない?』と言われたので、オッケーしました。夏休み中に由比ヶ浜で会って、4人で海辺で飲んで、そこにそれぞれの友達が合流していくという感じでしたね」(Aさん)

 インスタグラムには自分をフォローしていない相手にもダイレクトメッセージを送れる機能がある。しかし、見ず知らずの人に会うことに抵抗はなかったのだろうか。Aさんはこう続ける。

「インスタは写真の投稿なので、ある程度日常の様子とか、おしゃれな人だな、ということがわかるので不信感はなかったですね。むしろ『イケメンと会えるなんて嬉しい!』という方が大きかった。普段からお互い写真に『いいね!』しあっていると友達感覚になっていくんです」(Aさん)

 逆に、インスタグラムで会ったこともない女性をナンパする心理はどのようなものなのか。インスタナンパの経験者だという男性・Bさん(25歳・ネット広告勤務)はこう語る。

「インスタで評価される一番のポイントはおしゃれさ。くだらない日常の写真でも、ちょっとそれっぽく写真をとって加工すればおしゃれな人っぽく見えるんですよ。そうすると、どんどん若い女の子のフォロワーも増える。

 TwitterやFacebook、mixiを使ったナンパと違って、おしゃれな人同士が友達になる、という安心感を与えることができるんですよね。写真に対して『そのスニーカーかわいいね!』とか『そこのカフェ今度ぜひ一緒に行きましょう!』なんて書けば、余裕でダイレクトメッセージからLINEのID交換までこぎつけますよ」(Bさん)

 SNSの特性を活かして自己演出することがナンパ成功のカギだと語る。とはいえ、どれだけSNSを通じて交流しても、実際に会ってみるとイメージと全然違う、なんてこともあるので、ナンパに応じる女性には、ある程度のリテラシーを身につけてもらいたいところだ。よって、写真の腕があまりにも巧みだという自覚がある人は気を付けたほうが良いかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング