中居正広の安保デモ「声あげるのは良いこと」発言に「さすが」

NEWSポストセブン / 2015年9月3日 7時0分

 8月30日、デモが行われる予定の午後3時を前にして、東京・永田町の国会議事堂前が色とりどりの雨傘やのぼり旗、プラカードを持った人で埋め尽くされた。

 安倍政権が今国会で成立を目指している安全保障関連法案に反対する市民団体による大規模デモに、集まった人の数はおよそ12万人(主催者発表)。民主党、日本共産党など野党4党の党首が参加したほか、昨年7月に中咽頭がんを患っていることを発表し、静養していた坂本龍一氏(63才)ら著名人も集まった。

「安保法案が盛り上がる前は、ぼくもかなり現状に対して絶望してたんですが、(学生団体)SEALDsの若者たち、そして主に女性たちが立って発言してくれてるのを見て、日本にもまだ希望があると思っているところです」(坂本龍一)

 だが一方で、こうしたデモに反対する人も少なくない。金銭トラブルや未成年買春疑惑の渦中にいる武藤貴也衆院議員(36才)はデモに参加する若者に対し、《彼ら彼女らの主張は『だって戦争に行きたくないじゃん』という自分中心、極端な利己的考えに基づく》、堀江貴文氏(42才)は《安保反対デモに行ってる事カミングアウトしたら私は採用しませんよ。仕事出来ないと思うから》とツイートしている。

 少し前に、この問題をとりあげた『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、松本人志(51才)や石原良純(53才)ら出演者たちがデモに対して異論を唱える中、中居正広(43才)はこう反論した。

「若い子が声を上げるのは、ぼくはいいことだと思います。ぼくが嬉しかったのは、関心を持っているんだってこと。こういう子たちが、“何か動かなければこれは通ってしまうぞ”と思っているのはいいことだと思います」

 ある芸能関係者が言う。

「中居くんは若者世代からの支持を受けるアイドルグループのリーダーであるだけでなく、年齢的に自分の考えを発信できなければならない立場。それでも一歩踏み込んだ発言をするのは、覚悟と責任を伴いますよね。松ちゃんとか周りの先輩たちと真逆の意見でも自分の立場・考えをはっきり伝えているのを見て、“さすが”と思いましたね」

※女性セブン2015年9月17日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング