マキタスポーツ 染谷将太を「年下の先輩」として尊敬している

NEWSポストセブン / 2015年9月4日 7時0分

写真

22才差でも仲がいいマキタスポーツと染谷将太

 パンチラ、TENGAなど、それまでのドラマでは考えられない放送コードの限界に挑み、多くの視聴者の支持を得たドラマ版『みんな!エスパーだよ!』(テレビ東京)。その映画版は、すべてがパワーアップしていると話題だ。

 ドラマ版から同作に出演している染谷将太(23才)とマキタスポーツ(45才)。先に取材部屋に現れ、「よろしくお願いします」と丁寧にあいさつした染谷は、緊張気味の様子だったが、続いてマキタが現れるや破顔一笑、表情を緩めた。

──お2人は仲がいいとお聞きしましたが、現場を離れても会うことはあるんですか?

マキタ:ありますよ、ありますけど、改めて仲がいいって言われると恥ずかしいというか。照れるというか。結構、立ち入った質問ですね、ハハハハハ。

染谷:ハハハハ…(と、つられて笑う。染谷とマキタの目が合って…、これは確かに2人はかなり親密だと感じ取れました!)

──このドラマで初共演(2013年)されたそうですが、お互いの印象を覚えてますか?

マキタ:覚えていますよ。ああ、映画『ヒミズ』(染谷の出世作)の人だと思いました。で、まつげが長いなとか、肌がきれいだなとか、髪につやがあって若いなとか。それに彼は目が独特なんです。時々、彼は流し目みたいな目を向けてくるんですよ、それを見るとぞわっとする。俺、45才のおっさんなのに(笑い)。45才のおっさんをよくそんな気分にさせるなって思いましたね。

染谷:(笑い)。俺は最初、マキタさんに怖そうなイメージを持っていたんです。だから最初、本読みの時に緊張した面持ちで会議室に入っていったら、“よろしくお願いします”って、フランクに接してくださって。ちょうどその会議室にいろんな種類のTENGAが並んでいたんですけど、それをずっと、すげえって(笑い)、ひたすら触って遊んでて…(笑い)。

マキタ:やめてください! 遊んでいたっていっても、本格的に遊んでいたわけじゃないですからね! そこんとこはちゃんと書いてもらわないと!(と身を乗り出すマキタ。横で染谷はずっと大笑い)単なるエロおやじみたいになっちゃいますからね。

染谷:ハハハハハハ…。

──お2人は22才差ですが、年齢差は感じないです。お2人はどうですか?

マキタ:感じないですね。

染谷:すごく対等に接してくださるから。それがうれしくて…というか、居心地よくて頼れるというか。改めてそう言うと照れますけど。

マキタ:ハハハ。ぼくは、彼のことを“年下の先輩”と言ってるんです。年下の先輩として尊敬している人は、他にも何人かいるんですけど、彼はその代表。映画では、彼のほうがキャリアもあるので、現場でいろいろと質問して教えてもらっています。本当に映画が大好きで、ものすごく詳しいですしね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング