誰もが加害者になるスメハラ 「自分は無関係」が一番こわい

NEWSポストセブン / 2015年9月16日 16時0分

写真

スメハラ被害は年々深刻さを増している

 貧乏ゆすり、咳払い、独り言、舌打ち、鼻毛抜き、ゲップ……。「職場内でやめて欲しい迷惑行為」のアンケートを取れば、昔から変わらずこんな“悪癖”が次々と挙がるだろう。

 だが、セクハラやパワハラ、モラハラなど、なんでも「○○ハラスメント」に該当してしまう現代において、下手に相手の人格まで傷つけるような言葉で注意しようものなら、逆上されかねない。

 人によって不快感のレベルが違い、指摘するのにも躊躇する「スメルハラスメント(スメハラ)」はもっとも厄介だ。体臭や口臭などのニオイで周囲の同僚らに迷惑をかけることを指すが、スメハラによる苦情は年々増加している。

「私の上司(40代後半)は人一倍汗っかきで、夏場は外出先からオフィスに戻ると汗だくの素肌にワイシャツがぴったり張り付いて乳首が浮き出るほど。今は吸汗性の高いアンダーシャツがたくさんあるのだから着ればいいのに、まったく周囲の視線は気にしていない様子。

 これもある種のセクハラ被害だと訴えたいのですが、面と向かって『クサいですよ!』なんて言うと心証を悪くしてボーナスの査定などにも響きそう。仕方なく風邪でもないのにマスクをしながら仕事をしています」(29歳女性会社員)

 脇汗の臭いや加齢臭、口臭などのニオイ問題は昔からあったはずなのに、近年、社会問題化するほどクローズアップされているのはなぜなのか。化粧品メーカーのマンダムによれば、

〈猛暑や節電の影響で日常的に汗をかく機会が増加していることに加え、女性の社会進出などで職場の女性比率が高まっているため、ニオイに敏感で厳しい女性を中心に不快感が顕在化している〉

 との分析を示している。最近では従業員セミナーなどを通じて、スメル教育に乗り出す企業まであるというが、中でも顧客と近くに接するサービス業ではより厳しい“ニオイ管理”が求められている。東京都内を走る大手タクシー会社の乗務員がいう。

「女性や家族連れなど、車内に漂うニオイを指摘するお客さんが急増しているので、とにかく換気をまめにして、消臭スプレーを1日何回も撒いています。特にたばこのニオイは“嫌煙権”を主張しやすいのか、すぐクレームに繋がる。私も喫煙者ですから、口臭対策も欠かさず、タブレットキャンディは箱買いしています。

 我々からしてみれば、朝に車内で化粧をする女性や、ファストフードのポテトを食べる若者が乗った後のニオイのほうがよほどきつく、気分が悪くなるのですが……」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング