横浜の開運ハンコ店 3億円宝くじが当たる人も登場する老舗

NEWSポストセブン / 2015年10月26日 16時0分

写真

店内にはさまざまな印材が所狭しと並ぶ

 横浜・山下公園から車で南へ約10分。湾岸沿いのマンション街の一角に、今年で創業50年を迎える『風間印房』という老舗ハンコ店がある。

 人呼んで「開運ハンコ店」。ここでハンコを作ると幸運が訪れるという噂が口コミで広まり、芸能関係者やプロ野球選手をはじめ、会社経営者など著名な顧客も数多い。とくにここ10年はハンコを作った客に宝くじの高額当せん者が続出。開運ハンコの注文が殺到しているのだ。

「特別なことをしているつもりはないんです。厳選した印材に、丁寧に一字一字お名前を刻んでいくだけ。ですが、実際にハンコを作ったタレントさんのCM出演が決まったり、司会を務めていたバラエティーが長寿番組になったり、野球選手が試合で大活躍したりと、いい報告をくださるかたが多くいらっしゃるんです」

 そう話すのは、店主の風間秀規さん(53才、以下「」内同)。カーレースのライセンスを持ち、趣味でハーレーダビッドソンも乗りこなす。1992年に創業者の父親から店を引き継いだ直後、不思議な幸運を目の当たりにしたという。

「知り合いの紹介で、ペットフードを販売する会社で営業マンをしていた30代の男性から“実印を作りたい”と注文をいただいたんです。ちょうどその時、新商品の琥珀を入荷したところだったので、それを使ってハンコを作りました。

 しばらくして、その男性が高級外車を買ったと聞いたんです。それも3台も! なんでも、ハンコを作った直後に購入した宝くじで1億円を超える当せんをしたというんですよ。会社も辞めて、以前からの夢だったフリーペーパーを発行する会社を作ったそうです」

 それから、風間さんのもとには客からの吉報が届き続けた。2004年の夏に店を訪れた女性も、宝くじの1等当せんを引き寄せたという。

「切羽詰まった声で、“おたくは開運印をやっていますか?”と電話で問い合わせがあったんです。開運書体といわれる『吉相体』のハンコを制作していましたので、それを伝えると1時間ほどで40代の女性が来店しました。Tシャツ姿で化粧っ気もなく、地味な印象のかたでしたね」

 事情を聞くと、まだ大学生の子供が2人いるのに、夫が会社から早期退職を迫られ、「このままでは家族4人路頭に迷ってしまう」と藁をも掴む思いでやってきたという。女性は開運書体で直径18mmの立派な象牙のハンコを作った。

 それから4か月ほど経った12月上旬、店の前に1000万円をゆうに超す高級外車が止まった。降りてきたのは、最高級のブランドバッグをさげ、毛皮に身を包んだマダム――身なりは変わったが、あの女性だった。サマージャンボで1等3億円に当せんしたのだという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング