1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

巨乳を1日だけ実現「シンデレラ豊胸」 サイズUPが半日持続

NEWSポストセブン / 2015年10月29日 16時0分

 女性の多くが一度は豊かなバストに憧れるもの。そんな憧れを1日だけ実現できる「シンデレラ豊胸」という施術があるという。美容外科医の上原恵理氏が解説する。

 * * *
「シンデレラ豊胸」は、胸に点滴用水を注入する手法で、1.5カップほどのサイズアップが半日程度持続します。「ふくよかなバストを体験してみたい」、「豊胸手術前に手軽にイメージをしてみたい」という方に人気です。

 施術時間は10~20分程度。局所麻酔を使用するので、手術中に痛みを感じることはありません。注射で注入するので、傷跡が残ることもありませんし、半日すれば尿として排出されて元の状態に戻るので、安心して試せます。

「もっと巨乳になりたい!」と望む方には「ハイブリッド豊胸」があります。これなら5カップのサイズアップも可能です。

 まずはプロテーゼというシリコンバッグを入れる手術で2カップ以上大きくした後、その上から脂肪を注入することにより、5カップのサイズアップも可能なのです。脂肪注入は、定着率が高くなるように不純物を取り除いた「ピュアグラフト」や、最新の「コンデンスリッチ」という手法で行ないます。

 料金はコンデンスリッチの方が30万円程度高くなりますが、脂肪の定着率がより高い。術中は全身麻酔を使いますが、1泊の入院で済み、翌日には術部を除いてシャワーも浴びられます。

【プロフィール】上原恵理(うえはら・えり):東京イセアクリニック銀座院院長。大学病院の形成外科・美容外科勤務を経て、平成25年に同院の院長に就任。豊胸や乳房再建の最先端術式を毎年数多く手掛けている。自ら施術も体験して患者の立場に立つという熱血医師だ。

※週刊ポスト2015年11月6日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング