球界自主トレ最大派閥「糸井ファミリー+熱男グループ」

NEWSポストセブン / 2016年1月28日 7時0分

 野球協約では、12月1日から1月31日までがポストシーズン。その間は球団主導による試合や練習、技術指導が禁じられる。そのため選手たちは自らトレーニング場所を確保して、2月1日のキャンプインに備える。それが自主トレだ。複数の選手で集まって行なう合同自主トレともなると、意外な選手同士の結びつきが見られる。

 巨人の選手の自主トレからみえる派閥(昨年までの阿部慎之介グループや高橋由伸グループなど)の大きさが話題になるが、その他の球団で最大派閥は柳田悠岐(ソフトバンク)と糸井嘉男(オリックス)、今成亮太(阪神)の「糸井ファミリー」と、松田宣浩(ソフトバンク)が率いる古澤勝吾らの「熱男グループ」の合同会派だ。

「糸井と今成は日本ハム時代の仲間。柳田はずば抜けた身体能力を誇る糸井を尊敬し、秋山幸二前監督の紹介で弟子入りした経緯があります。2組は松田の発案で合流。熱男~のほうは長らく松中信彦が引っ張っていましたが、昨年で自由契約となり主導権が松田に移りました。

 この自主トレには女子プロゴルファーの藤井かすみと森田理香子も参集している。2人は岡本綾子の門下生で、藤井は松中がキャディを務めたことなどで面識があり合同自主トレが実現しました」(ソフトバンク担当記者)

※週刊ポスト2016年2月5日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング