木下大サーカスのホワイトライオン 調教師と24時間一緒

NEWSポストセブン / 2016年4月6日 11時0分

写真

木下大サーカスのパフォーマー・スリマン

 ガォォォーーーーッ! 鋭い牙を剥きだし、吠え立てるライオン。固唾をのんで見守る子供たちの視線を受け、ライオンたちがポーズを決める。

 木下大サーカスが世界に誇る『奇跡の猛獣ショー』は、世界に300頭しかいないというホワイトライオンが4頭も出演する大人気演目だ。

「お疲れさまです! 今日もオレ、かっこよかった?」

 出番を終えて戻って来た舞台裏で、ひときわ大きなホワイトライオンが調教師のマイケル・ハウズさんに視線を向ける。その表情はステージとは打って変わり、まるで飼い主に甘える猫のようだ。

「そりゃそうさ。オレたちはファミリーだからね。仕事のときはもちろん、宿舎でもオレたちの部屋は隣り合わせ。24時間一緒なんだよ」

 南アフリカで生まれたスリマンは子供のときイギリスに渡り、サーカスで働けるようにトレーニングを受けて育った。

「とは言っても、オレたちにとっては楽しい遊びだったよ。マイケルはそれぞれの特技を見つけてショーの中に組み込んでいくんだ。オレは、やりたがりタイプなんだって(笑い)」

 マイケルさんのモットーは「ハッピーなライオンは、良いショーができる」。ハッピーなスリマンは、今日もステージでライトを浴び、みんなを楽しませている。ちなみにスリマンはたてがみがないためよくメスに間違われるそうだが、そんなオスライオンもいるのだそう。

【プロフィール】
名前:スリマン♂
年齢:8歳
種類:ホワイトライオン
勤務先:木下大サーカス
職種:パフォーマー
主な仕事内容:人気プログラム「奇跡の猛獣ショー」でパフォーマンスを披露する。
お給料:肉!!
好きなこと:食べることと、寝ること。
嫌いなこと:雨と寒さ。
現在の悩み:ファミリーで旅をしながらショーをする今の生活に満足しているので、特に
なし!
将来の夢:健康管理のため肉の量が決まってるので、いつか、「もう食えない!」というところまで食べてみたい。

撮影■山口規子

※女性セブン2016年4月14日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング