子供の防犯 エレベーター内、道尋ねられた時はどうする?

NEWSポストセブン / 2016年7月30日 7時0分

 日照時間が延び、夜遅くまで遊ぶ未成年が増える夏休みは、大人の目が届きにくくなることもあり、子供が犯罪に巻き込まれやすくなる。「被害に遭ってからでは遅いんです。子供を守るために、親は日頃から備えるべき」とは安全生活アドバイザーの佐伯幸子さん。親子で知っておきたい防犯対策を徹底解説します!

 早速、シーン別にこんな時、どうしたらいいのか考えてみよう。

【Q1:エレベーターで知らない人と2人きりになったら】
A:相手の後方に立つ
B:操作ボタンの前に立つ

【Q2:不審な車に後をつけられたら】
A:前方に逃げる
B:後方に逃げる

【Q3:知らない人に道を尋ねられたら】
A:無視する
B:交番を教える

【Q4:電車に乗ったら】
A:ドア付近に立つ
B:座席の前に立つ

 それでは、正解を見てみよう。

【Q1正解→B】不安を感じたらすぐ降りられるように、操作ボタンの前に立つ。

 エレベーターにひとりで乗る際は、周囲を見まわし不審者がいないか確認することが大切。男性と2人きりになりそうな時は“お先にどうぞ”と告げ、自分は乗らない。原則、知らない人とは一緒に乗らない方がよい。

「もし不審者と2人きりになったら、操作ボタンの前に立ち、相手に“何階ですか?”と聞くなどして、ボタンの前から離れないこと。また、相手に背を向けず、警戒を怠らないことも大切。何かされそうになったら、非常ボタン含め、できるだけたくさんのボタンを押し、ドアが開いた隙に逃げましょう」(安全生活アドバイザー・佐伯幸子さん。以下、「」内同)。

【Q2正解→B】後方に逃げる! 家に向かうのは自宅を特定されるので×

 車での拉致は、少数とはいわれるものの、万が一遭遇したら、死を覚悟するほど、危険な事件に発展しやすい。

「停車中の車の横を歩く時は2m以上離れること。そして、車で後をつけられた場合は、つけてくる車に向かって逃げるのが正解。車は急にUターンできないので、まくことができます」

 車に限らず不審者に尾行された場合、自宅に逃げ帰る人が多いが、それはNG。自宅が特定され、待ち伏せされる危険もあるので、コンビニや交番などひと気のある方に逃げよう。また夜道では、曲がり角に来たら左右と後ろを見て、常に360度安全確認を。

【Q3正解→A】無視する。会話を必要とする声かけは要注意!

 声かけには“車が来るから危ないよ”など返事を必要としないものと、“何年生?”“どこの小学校に通っているの?”など返事を必要とする声かけがある。不審者は後者のパターンを使い、よく言われているように、道を尋ねてくるケースが多い。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング