韓国大統領の友人 素人にもかかわらず日韓外交にも深く関与

NEWSポストセブン / 2016年11月8日 16時0分

 崔氏は美へのこだわりが強く、青瓦台に美容医師を呼んで「特別なボトックス注射」を朴氏と一緒に受けていたという情報もある。国の重要な進路を決める秘線会議のメンバーの素顔には言葉を失うしかない。韓国政界に詳しいベテランジャーナリストの告発にはさらに驚く。

「秘線会議の議題の9割は政府の主要政策に関連することで、誰を閣僚にするかまで決めていた。朴槿恵が大統領就任直前に安倍首相が送った特使団と会見する前は、竹島に関して『韓国側から先に言及しない。日本が言及すれば笑顔で応じる』、慰安婦問題では、『“正しい認識が両国の発展の基本”と述べるのが望ましい』などという事前シナリオまで、崔順実らがチェックしていた」

 ゴタゴタが続く日韓外交にも素人である崔氏が深く関与していのだ。政策ばかりか、国のシンボルまで彼女の掌中にあったとの話もある。ルポライターの姜誠氏が明かす。

「韓国は今年3月、中央省庁が使用するロゴマークを無窮花(韓国の国花)の文様から太極文様に変更しました。これは崔順実のお告げによる変更と言われています」

※週刊ポスト2016年11月18日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング