鴻池祥肇氏に「安倍首相は嫌いですか?」と聞いてみた

NEWSポストセブン / 2017年3月26日 16時0分

写真

鴻池祥肇氏にストレートに質問してみた

「森友学園問題」を国会証人喚問に導く発端を作ったのは鴻池祥肇・元防災担当相(自民党参院議員)だった。籠池泰典氏から国との仲介を求められたことを自ら明かすという爆弾を投下し、結果として問題を一大疑獄にさせた。3年前、議員会館で籠池氏と面談した際、籠池氏が現金を渡そうとしてきたため突き返したという(籠池氏側は商品券と主張)。その鴻池氏を改めて直撃した。

──鴻池さんの記者会見によって、籠池氏が政界に働きかけていたことが明らかになりました。

鴻池:最初は黙っといたろと思ったんですが、野党から火の手が上がり、学校の寄付金集めのパンフレットに勝手に僕の写真が使われているのを知って、これは許すわけにいかんと。

──共産党が鴻池さんと籠池氏の面会記録を入手していましたが。

鴻池:誰が渡したのかは知らん。うちの事務所はオープンなので、誰でも入ってきて机のうえにあるもの何でも持っていきよる。あんたらも何でも持っていっていいよ(笑い)。

──籠池氏は鴻池さんに麻生太郎・財務相を紹介してもらいたかったのでは?

鴻池:それはわからん。じっくり話せばそういう話になったかもしれない。きっとそうでしょう。

──鴻池さんは「麻生財務相の側近中の側近」と言われていますから。

鴻池:ただの友達ですよ。側近なんて言われたら不愉快だ(笑い)。私の政治の師匠は河本敏夫先生(※注)ただ一人。河本先生は戦時中に姫路高校で軍事教練の反対運動をやって放校された人ですよ。私はこういう人が好きなんです。

【※注/通産大臣、郵政大臣、党政調会長などを歴任した自民党の実力者。鴻池氏は河本派に所属していた】

 麻生さんが派閥をつくろうとして、せいぜい7~8人しか集まらんかったんだが、ある日、外務大臣室に呼ばれて最高級のうな重をご馳走になった。それだけ。安くつく男やろ(笑い)。最近は麻生派の会合もおさぼりしているけどな。

──麻生財務相が中心になって、大宏池会をつくるという計画も噂されている。

鴻池:そんなん知らん。好きなようにやればいいじゃないか。俺は関係ない。だいたい、派閥同士で首相交代して与党内で政権回していこうと、そんなんおかしいやろ。せっかく野党が政権取れるようになったのに。

 むしろ野党がもっと健全にならないかん。中学校や高校のホームルームみたいな質問ばっかりしよる。

──もし野党の立場だったら、どう質問するか。

鴻池:まず冒頭に何を言うか。「権力は必ず腐敗する。ご存じですか?」と。「それも権力が長く続くと、腐るのは早い。そう思いませんか?」と最初に聞くよ。いまの自民党の国会対応は、安倍首相を守るためだけにやっているように見える。まあ、安倍さん一家も災難で、大臣を守るのも家臣の務めかもしれんけどね。

──鴻池さんは安倍首相が嫌いですか。

鴻池:いや、安倍さんが俺を嫌っているんだよ。俺を見る目つきを見たらわかるよ(笑い)。まあ、媚びず、へつらわずでいきますが。

 武士はね、主君に対して忠誠を誓うんだけど、“義侠”の世界の人間は、自分に忠誠を誓うんですよ。武士は主君を斬りつけることはないが、義侠の人間は、親分が筋の通らないことをすれば、杯(さかずき)返して斬りつける。僕にはそっちの血が流れているな(笑い)。

「義」という字は、「羊」の下に「我」があって、弱い者を支えるという意味です。私は、88万票入れてくれた人、支持してくれる人たちの家臣だから、大臣にだって斬りつけますよ(笑い)。

──証人喚問に呼ばれたら暴れますか?

鴻池:暴れませんよ。保守ですから。呼んでくれないかね(笑い)。

●聞き手/藤本順一(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2017年4月7日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング