定年後の「帰宅恐怖症」、図書館がその手のおっさんだらけに

NEWSポストセブン / 2017年8月4日 11時0分

写真

「帰りたくない」男性が続出

「職場」という居場所がなくなる定年後の人生では「家庭」の占めるウエイトが一気に増す。ところが、その我が家へ帰ることに二の足を踏む男性が増えている──その「病」の正体とは。

〈午前中になるべく予定を入れて、“妻が起きる前に出かけよう”と考えている〉〈妻から“もうすぐ帰る”という連絡があると、ついため息が出る〉──そんな人は、すでに「帰宅恐怖症」かもしれない。そう警鐘を鳴らすのは6月に出版された話題書『帰宅恐怖症』(文春新書)の著者で、夫婦問題カウンセラーの小林美智子氏だ。

「妻に何度も怒られるけど、その原因が分からないという男性の相談が増えています。彼らは少しずつ妻と話さなくなり、“妻が怖い”と思うようになる。そして、なるべく家にいないで済む方法を考え始める。それが『帰宅恐怖症』です」

 小林氏の著書では現役世代の事例が数多く取り上げられるが、同氏は年齢を重ねたほうが、“病”は深刻になると指摘する。

「夫が帰宅恐怖症であることに、女性はほとんど気付かない。むしろ、夫が何も言い返さないと言動を年々エスカレートさせる。男性の恐怖心は長い年月の間に少しずつ蓄積され、家に帰りたくない気持ちは強くなります。そうなると夫婦関係の改善がさらに困難になってしまうのです」

 その病が“発症”するきっかけの一つが「定年」だ。

◆逃げ場は「図書館」

 家族問題評論家の宮本まき子氏はこういう。

「定年後に帰宅恐怖症になりやすいのが、それまで家庭を妻に任せていたタイプです。家で妻と過ごす時間が長くなり、自分の思っていた家庭や妻のイメージと現実の違いに気付く。そのショックで家の居心地が悪くなるのです」

 都内在住の60代男性Aさんは、その典型例だ。定年退職したAさんに対し、良妻賢母タイプの専業主婦だった妻が突然、「これからは自立してもらいます」と言い出した。上司のような態度で家事指導を始め、「公民館の『男の料理教室』に行きなさい」としつこく迫る。トイレが汚れていれば掃除を命じられ、風呂に毛が一本でも落ちていようものなら罵倒される。

「最近は空き家になった実家の点検という口実で、郷里に戻っては長期滞在を繰り返しています」(Aさん)

 お茶の水女子大学名誉教授の土屋賢二氏(72)も、帰宅恐怖症の“経験者”だ。

「大学で教鞭を執っていた頃、妻の責めるような視線が気になって仕事後に安い喫茶店で1杯のコーヒーで夜遅くまで粘り、本を読んでから帰っていました」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング